1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
2006/11/13(Mon)
私が、最近読んだ書籍中ベスト1だった作品がテレビドラマ&映画化される。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

書籍サイト

ドラマサイト

映画サイト

ほとんどの方がご存じとは思いますが
2006年度の「本屋大賞」を受賞したこの作品は
アニメ「おでんくん」の原作者でもある、リリーフランキー氏の著書です。

話の内容はタイトル通り、リリーフランキー氏とオカン、時々オトンの話です。
誰もが経験する肉親との暮らし、別れ、死別を
丁寧に、本当に丁寧にリリーさんの視点で描かれています。
一言、良い作品です。
そして、その作品の映像化となれば見ないわけにはいきません!!

ドラマではリリーさんを大泉 洋、オカンを田中 裕子、オトンを蟹江 敬三。
映画ではリリーさんをオダギリ ジョー、オカンを樹木希林、オトンを小林 薫。
趣は違いますが、双方良いキャスティングだと思います。

未読の方は、是非11/18(土)放映のドラマまでに読まれては如何でしょうか?
未読のままでも、是非、ドラマ、ご覧になっては如何でしょうか?

と言う事で、今日の一枚は話題とは無縁の初冬のアレンジ。
マムのセイヴォーグが何とも言えず渋いでしょ:-)

初冬のアレンジ
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/91-39a9454a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。