1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 抱きしめる
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
抱きしめる
2011/11/18(Fri)
うちの双子のチビのどちらかが家人に怒られて泣いている時に
もう一方のチビに「どうしたら泣き止むかなぁ?」
と聞くとチビが必ず言う台詞がある。

「ギューッと抱きしめたらエエねん」

我が子ながら良い事言うなぁー!と関心する。(親馬鹿モード)

でもホント、子供に限らず誰かしらが泣いたり悲しんだり
傷ついてる時は抱きしめる事が一番だと思います。
と言うか抱きしめるしか無いと思います。

また、マザーテレサが南アフリカにある末期エイズ患者のホスピスを訪問して
無言で一人一人を抱きしめていた事を思い出します。

思い出すと言えば以前にフリーハグと言い
街頭で見知らぬ人々とハグ (抱擁) をして
愛や平和、温もり、etc、を生み出そうと試みた人の映像が話題を呼んだ。
覚えている人も多いかと思います。
知らない人は是非ご覧下さい。心が温かくなりますよ。

今の日本は本当にハグが重要な意味を持つと感じます。



この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/601-be726b4e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。