1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 純国産
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
純国産
2011/01/19(Wed)
ガソリンがジリジリと値上げしてます。
花屋は仕入れに配達にと車を多用するので
ガソリンの値上げは困ります。

そして花屋以上に困っているのが花の生産者です。
ハウス栽培のお花は重油をガンガン燃やし作っています。

ですから当然、お花にはこの重油代も含まれています。
特に重油を良く使うお花の代表にバラがあります。
そして国産バラは安価な輸入バラに押される事があります。

輸入のお花にも良いものは多くあります。
しかし同じ品種を比べると
丹精込めて作られた国産バラは花保ちの良さ、
その咲き姿の美しさは素晴らしいものがあります。

例えば5000円の花束を輸入バラで作ると
国産バラで作るより本数が多くなります。

お花の本数に重きを置くお客さまもいらっしゃいますし
それも大事な事ですが、、、一方、予算内で
どれだけ多くのお花が入っているかにばかり
目を向けるのではなく、どれだけ質の良い=咲き姿の美しい
お花がはいっているかに目を向けてみると
お花の見方が変わって来ます。

ここで話はトルコキキョウ。
トルコキキョウは秋から国産モノは端境期になり輸入モノが増えます。

輸入のトルコキキョウもかなり良くなっていますが
やはり国産の確かなトルコキキョウは素晴らしいです。
ちなみにこの写真のトルコキキョウ「ロジーナブルー」
去年12月17日に仕入れて今日は1月19日。一ヶ月が経ってます。
まだまだ美しい!!

頑張れ!日本の生産者の皆さん!!応援してます!!

ロジーナブルー
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/525-6de2e8e6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。