1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 インパクトが必要な時は、、、。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
インパクトが必要な時は、、、。
2010/09/21(Tue)
例年9月になれば紅葉した秋の花満載な花の世界なのですが
皆さまもご存じの通り、異常気象にて今年は様子が違います。

例年ならば終盤を迎えている品種がまだ出荷されてたり、、、
何時もは強い花が次の日には水が落ちていたり、、、
通年と比べると花弁の巻きが弱い品種が多かったり、、、

また野菜と同じで値段も高騰して
花屋としては辛い日々を送っています。

生産者もこの酷暑で例年とは違う害虫や病気が
発生したりして大変なようです。

で!そんな状況はどこ吹く風と、元気なお花があります。
それはオーストラリアからの輸入花(ネイティブフラワー)です。
例年、秋口から出荷量が多くなります。

ネイティブフラワーはインパクトの強いものが多く
個性的なお花が好き!と言うお客さまや
楽屋見舞い、開店祝いなどにはもって来いです!

本日も花火が開いたようなピンクッションに
微妙な色調の変化が美しいツブツブのバーゼリア、
パイナップル等を使って楽屋見舞いをお届けしました♪

ネイティブフラワー
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/491-274af4db

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。