1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 秋の夜長にお勧めの作品
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋の夜長にお勧めの作品
2010/08/22(Sun)
先の記事にお勧め小説に「八朔の雪~みをつくし料理帖~」を記しましたが
他にもこれに勝るとも劣らないお勧めがもう一冊あります。
共に今年、私が読んだ中でベストワン、ツーを争います。

「猫を抱いて象と泳ぐ」

著者は「博士の愛した数式」で知られる小川洋子さん。
内容は孤独を愛す少年がチェスに出会い、伝説のチェスプレーヤー
"リトル・アリョーヒン"として数奇な運命を辿っていくと言うお話。

全編、詩を紡いでいくように綴られ、作品の隅々まで懇親の力が漲り、
かと言って決して力強いと言う印象ではなく、とても繊細かつ美しい旋律に
うっとりするよう読み進めて行く事が出来ます。

決して明るい話しでは無く、また、私はそう言う話しを好まないのですが
この作品は読み終えて深く静かな感動に浸る事が出来ました。
また、小川洋子さんと言う作家の底知れぬ力量に驚くばかりです。

この作品に興味を持たれ読まれるならば
一行、一行の行間を楽しみ、語られる物語の余韻を味わって下さい。
後世に残る名作です。

残暑も終わり、秋の夜長にじっくり読むのにお勧めです。


この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/481-aa04339e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。