1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 旬を喰らう
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旬を喰らう
2010/03/23(Tue)
花市場では国産のビバーナム「スノーボール」や丹頂アリアムなど
新緑の候のお花がちらほら出始めました。

この季節になると私が楽しみにしているものがあります。
ウド、タラノメ、ゼンマイ、ワラビ、イタドリなどなど、、、そう山菜です♪

元々山菜料理は好きだったのですが自分で採りに行く知識はなく
毎年、旅先の宿で出される山菜料理に舌鼓を打ってました。

それが家人と一緒になってから一変し、この季節になると
数々の山菜料理が我が家でも並ぶようになりました。
と言うのも家人のお母さんが山菜採りの達人だったからです。

熊避けの鈴と山賊が使うような大きなナイフを腰に携え
うっそうと茂った山へ入って行くお母さんの姿には惚れ惚れします(笑)。

そして小一時間ばかりでお母さんが戻ってくると
私の倍以上の量の様々山菜で袋が満杯になってます。

また、料理方法も手慣れたもの!
山菜の種類に合わせたアク抜きを施し、三杯酢やゴマで和えたり
甘辛く煮付けたりなどなど。

この時期に山菜を食せば命の息吹を食していると言う
ありがたさと幸せにしみじみ包まれます。

話は変わるようで変わらないのですが
私が最近読んだ有川浩著作「植物図鑑」。




ひょんな事から出会った男女が一年を通して
山菜摘みデートを通し、愛を確かめ育んでいくと言う
ちょっと変わった甘々なラブストーリー。

末尾には各種山菜料理のレシピも掲載されていて
この時期に女子がサラッと読むにはお勧めです。

あぁ、、、イタドリが無性に食べたくなって来た。
山に探しに行こうかなぁ。

追記、、、
イタドリは神戸ではスカンポと言いますが
家人の故郷ではダンジと言い地方によって名前が違うようです。

イタドリ・スカンポ・ダンジ
この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/450-4b1e81ad

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。