1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 第30回篠山ABCマラソン大会
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第30回篠山ABCマラソン大会
2010/03/18(Thu)
先日、氷雨降る中、篠山ABCマラソン大会で走って来ました。

兵庫県中部に位置する丹波市篠山は
人口4万5千人の山々に囲まれた小さな城下町。
そこに今年は過去最多の1万3千人ものランナーが集結。

当日午前7時に到着した段階で会場周辺道路は大渋滞!
既に満車の駐車場を何度かたらい回しにされながらも
なんとか自力で駐車場を確保して無事エントリー完了。

そして10時50分号砲!
スタート時の気温は4.5℃!!寒いーっ!!
身体が暖まるまではボチボチ走ります。
それにしても人が多い!!

2010年第30回篠山ABCマラソン大会

5km地点・・・

5kmを超えると身体も暖まりだします。
ここで漫才アジアンの隅田さん、
サロマ湖ウルトラ100kmを控えている
大平サブローさんと三代沢アナをパスします。

10km地点・・・

10kmを超えるとエンジンがかかり出します。

エンジンがかかったとは言え、当初から今回のマラソンは
ファンラン=マラソンを楽しむ事にしています。
と言いますのも、去年もそうだったんですが
この時期は確定申告や何やらで
月に100kmも走れていないと言う練習不足。
まともにタイムトライアルする足は出来ていないからです。

が!ファンランとは言っても出来る限りの走りはして行きます。

20km地点・・・

キロ5分ちょいのペース。

25km地点・・・

待ってました25km地点!!
ここのエイドは他のエイドとは違い
篠山名物の猪汁がふるまわれます。
もうね、この猪汁美味すぎ!!
あまりの美味さと温かさに一口頂く毎に
「あぁぁああ~」と声が漏れてしまいます。
極寒と言ってもよいほど寒い道中で食べたこの猪汁は
正しく世界一美味い猪汁と言わせて頂きます♪

30km地点・・・

去年はここら辺で足が攣ってしまい苦い経験をしたポイント。
はい!今年も攣る直前状態!足が悲鳴を上げ出しました。
が!伊達に2年間走ってはいません。自分の身体に問いかけながら
足が攣るか攣らないかの瀬戸際のスピードで走ります。

いやぁ~、やはりマラソンは30kmからが勝負だなぁ~。

走る毎に足が益々やばくなって来たので
エイドでエアサロンパスを借りた時、ボランティアスタッフの方が
「今日は寒いから大変ですねー!」と声をかけて下さった。
「いやぁ~!ホンマに寒いから大変ですわ!」と私。

よくよく考えて見ると、ホンマに寒くて大変なのはランナーでは無く
雨に打たれながらもサポートしてくれている
ボランティアスタッフの方々なのです。

かの冒険家の植村直己さんは極限状態の中でも常に
パーティーの人達に残り僅かな食料を先に分けていたと聞きます。

こう言う人になりたいと思っていても
いざ、自分がしんどかったら自分しか見えていない私は
未だ未だ未熟もんです。猛反省。

35km地点・・・

ここでも猪汁が振る舞われます!
勿論!頂きました!やっぱ美味い~♪
エイドの猪汁とあなどるなかれ!
白菜、サツマイモ、こんにゃく、ゴボウ、もちろん猪肉♪
めちゃ具沢山です♪

40km地点・・・

タイムを見ると4時間切れるかどうかギリギリな感じです。
沿道の声援が後押ししてくれますが、やっぱフルマラソンはきつい!!
スパートをかけますがしんどい!!ホンマしんどい!!
残り1km!!この1kmが長くて辛い!

そしてゴール!!

4:00:32

サブ4ならず!残念!
でも世界一美味い猪汁食べれたので良しとします。
マラソンはしんどくて地味できついスポーツだけど
やっぱ走り終えた充足感は
何物にも代え難い感動を呼び起こしてくれます。

寒い中、応援&サポートして下さったスタッフ、篠山市民の皆さま。
何時も快くマラソンへと送り出してくれる家族達。
ありがとうございました!!

2010年第30回篠山ABCマラソン大会
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/449-bcbed92d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。