1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 夏のフラワーディスプレイ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏のフラワーディスプレイ
2009/07/18(Sat)
ここ数日猛暑記録を更新し続けてますねぇ、、、。
この時期になると毎年、仕事に限らずプライベートでも聞かれる事があります。

『夏場ってお花保ちどうしたら良くなりますか?』

高温多湿である日本の夏はお花にとって過酷な環境です。
花器に氷を入れたり、漂白剤を入れたり、五円玉を入れたり等々方法がありますが
これらの方法は全て水中のバクテリアの増殖を防ぐ方法です。

要は水中のバクテリアの増殖を防ぐと言う事がお花を保たせる方法なのです。
そこで一番良い方法は毎日水を替え、
その際に茎を切り戻すと言う事!この二点です!

後は暑さに強いお花を買うと言う事ですね。
例えばアンスリウム。
このお花は寒いと逆に駄目なお花です。
こまめに水替えさえすれば夏場でも2~3週間は保つはずです。

その他のお勧めはグリーンです。
葉っぱものはザクッと花器に投げ入れただけでも映えるものです。
またグリーンのディスプレイはヒーリング的で涼しげな印象を与えてくれます。

ちなみに我が家の玄関にはトクサを幾何学的にディスプレイしてます。
このトクサ既に一ヶ月以上経ってます。
根も出始めているのでまだまだ保つでしょう。

ねっ、夏場でもお花の買い方を一工夫する事で
十分にお花やグリーンを楽しむ事が出来ます。

トクサ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/373-3f4a584e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。