1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 パフィオペディラム
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パフィオペディラム
2009/01/28(Wed)
蘭と言う花は非常に多品種です。
故に個性的な顔立ちで花保ちも良く
好んで使う花屋さんは多くいらっしゃいます。

そんな蘭の中でも非常にユニークなのがパフィオ。
正式名称はパフィオペディラム。熱帯アジア原産の蘭になります。
色展開も非常に豊富です。

パフィオ

しかしこのお花、個性が強すぎて素人さんには扱いにくいかと思います。
教室でもパフィオを手にすると悩んでしまう生徒さんも多く見受けます。

ここで個性の強いお花を扱う際のコツを簡単にお教えしましょう。

1.あわせるお花も個性的なものを!
個性が強いお花に普通のお花を合わしてしまうと
そのお花たちが殺されてしまいます。
しかしながら個性が強いお花同士を合わせると
個性のぶつかり合いで混沌としたものになりがちです。
そこで次のポイントとして、、、

2.さらりと使う!
そう、個性が強いお花の一つをメインとしないで
全てのお花をマス(集合体)でとらえてさらりと使えば意外と馴染みます。

以上、そんな感じでアレンジしたものがこちら!!
NYスタイルに仕上げました♪
お洒落な女性へのプレゼントにはぴったりではないでしょうか!

パフィオ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/326-06a12430

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。