1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 花のトレンド
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
花のトレンド
2009/01/20(Tue)
ファッション、ライフスタイルに流行があるように花にも流行があります。

かすみ草は誰もがご存じのお花でしょう。
一昔前は全てのお花屋さんにとって必需品だったかすみ草。
今でも必需品だと言うお花屋さんも多いのですが
全く仕入れないと言うお花屋さんも増えてます。

当店の場合も絶対にNGだと言うお客さまも多く
また好き嫌いがはっきり分かれるお花なので
ほとんど仕入れる事がありません。

私がお花の修行をしていた頃、かすみ草は大人気で
バラの花束にかすみ草は定番中の定番!
バラにかすみ草あわせなくて他に何あわせるの?!ってくらい定番。
他の花束にもほとんどかすみ草を使っていた記憶があります。
また一時はかすみ草だけの花束なんてのも大流行しました。

しかしお花の世界も栄枯盛衰、次第に時は流れ
かすみ草の流行は過ぎ去って行きました。
今では「古くさい!」と言うイメージを持たれてる方も多いようです。

確かに赤いバラにかすみ草と言うような組み合わせは
古くさく感じるかもしれませんが(それはそれで綺麗なのですが、、、)
違った使い方をするととてもお洒落になります。
例えばウェディングのエントランス装花に100本単位で
ドカッとかすみ草のみをディスプレイしたりすると
それはそれは大変美しいものとなります。

歌の詩ではないですが、どんなお花でも
それぞれの個性を持ち美しいものです。かすみ草もしかり。
ですから私たちお花のプロは自分の感性、その時々のトレンドを考慮したりして
どんなお花でもその魅力を最大限に生かす事が使命なのであります。

と言う事で今日の一枚は珍しく仕入れたかすみ草の残りを
自宅用にとトイレのディスプレイに投げ入れました。
ね、これだけでも綺麗でしょ♪

かすみ草
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/324-3cdb1573

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。