1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 福知山マラソン
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
福知山マラソン
2008/11/25(Tue)
11/23に福知山マラソンに出場しました。
このマラソンは全日本盲人マラソン選手権も兼ねているので
ブラインドランナーの方々も多くエントリーされています。

そして関西在住の多くのランナー達がこのレースに照準を合わし
日々の練習を積み重ねて来ると言う
一年で最も重要視されている大きな大会でもあります。

今年は全国47都道府県中、44もの地域から約1万人が出場。
レース歴がまだ2回しかない私はレースの規模と人の多さに圧倒されました!!

さて、大会当日のお天気は曇り時々晴れで良い感じ。
この大会では自己タイムを事前申告しスタートラインが決定されます。
私はちょっと欲目で3時間45分と自己申告。
が!しかし!ゼッケンに記されていた"J "と言うラインは6時間の文字が!!

なんで!!何で6時間のスタートラインなん!?

どうやら間違われて登録された模様。当然、最後列。
若干ブルーになったけど気を取り直しAM10:30スタートの号砲!!
ジョンレノンの"Power to the people"が流れ否応なしにハイテンションに!

福知山マラソン

スタートを切るまでに5分以上かかり10km地点まではグチャグチャ状態。
無理に人をかわしての走りは体力を消耗するので
スムーズにかわしながら流れに乗りゆったりしたペースで走って行きます。

沿道の声援も温かく非常に気持ちよく20kmを通過。
マラソンは35kmに魔物が潜んでいるので
30kmまではウォーミングアップの気持ちでとよく言われますが
その通りでして30kmを過ぎると脚力もスタミナも落ち始めました、、、。

35kmを過ぎる頃から足の痙攣で走れなくなっているランナーや
足をひきずりながら走るランナー、足の激痛に耐え
悲痛な面持ちで走るランナー、、、誰もが等しく苦しそうな状態です。

私自身、自分の身体と対話しながら
潰れてしまわないようギリギリの速度を維持して行きます。
いやはやマラソンはホンマ、自分との戦いです。
無理して走ると身体が潰れ走れなくなり、心が折れると足が止まります。

さて残り7キロ、6キロ、5キロと歯を食いしばりとうとうラスト1キロ!
このラスト1キロは福知山マラソン名物地獄の上り坂!!
『このラストの上り坂がメチャきついで!』
と親友のツレづてに聞いていた私は
体力と気力を温存していたので辛かったけど割とあっさりクリア。
最後はダッシュまで出来たのでちょっと温存しすぎたかも!!

福知山マラソン

と言う事でタイムは、、、

3時間48分02秒

初のフルでサブフォー(4時間切り)をクリア出来たし
前回以上に練習不足の中、上出来なタイムです。

しかし練習不足はほとんどの市民ランナーがそうだと思います。
皆、仕事と家庭を何とかやりくりして走る時間を作っています。
完璧にトレーニング出来ている人など僅かでしょう。
そんなランナー達が各々の目標を掲げ42.195キロを目指す。
走ってる途中、苦しいし、痛いです、、、
何でこんな事してるんだろうって心が折れそうになります。

でもそれってポジティブな苦しさ、痛みです。
そして完走した人もリタイヤした人も皆、何か大きなものを得る事が出来る、、、
それがマラソンだと思います。

第18回福知山マラソン&第9回全日本盲人マラソン選手権
今回も走り終えて爽やかな風を感じる事が出来ました。
生きていて良かった!走れる身体でいられる事に感謝、感謝。

下の画像は福知山の川合小学校の女の子が描いてくれた絵とメッセージ。
レース前、ゼッケンと引き換えにこれ貰った時はウルっときちゃいました。

福知山マラソン
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/299-f47ff797

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。