1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 お花の価格
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お花の価格
2008/10/06(Mon)
お野菜やお肉の価格の相場は知っていても
お花の価格の相場を知っている方って少ないのではないでしょうか。

お花の価格は主に季節によって左右されます。
この場合、季節=需要と言うことなのですが
例えばクリスマスシーズンになると赤いバラが通常の3~5倍に上がります。
ようするにクリスマスシーズンになると赤いバラの需要が上がるから
必然的にセリでは高額取引され店頭価格も高額になってしまいます。

さて、それとは同じようで別の話ですが
例えば同じお花でも値段の幅がある場合があります。
このブログでも何度も紹介したブランド花は当然高額なのですが
ブランド花でなくともお花の質が良ければ高額になります。
お花の質が良いと言う事はそれだけ生産者さん達の苦労があると言う事です。
それはマンパワーだけではなく重油を炊き続けて品質を維持すると言った
金銭的苦労もあるのです。

花市場に行くと同じお花でも安価なものを狙い続けてる人もいれば
価格を考慮しつつも高品質なものを狙い続けてる人がいます。

当店店主兼仕入担当の私は後者です。

そうすると必然的に安価なもの扱う店と高品質なものを扱う店では
同じ価格のアレンジ、花束でお花の量が違ってきます。当然ですね。

お客さまは安価で豪華なものを求める方が多いです。
それは決して間違った事では無いです。
私も安くてほどよい品質のユニクロが好きですから(笑)。

お花と言う性質上、安価なお花にはオーラがありません。
オーラが無いお花ははっきり言って美しくありません。
加えて花保ちも悪いです。
お花を誰かにプレゼントすると言う事は他の物をプレゼントすると言う事と
込められた「想い」が違うと常々私は思ってます。
ですからオーラの無い安価なお花を当店は絶対に仕入れません。

究極の選択で
安価で低品質のお花をふんだんに使ったアレンジと
高価で高品質のお花を少しだけしか使わないアレンジのどちらを
作りますかと問われれば後者を選ぶのが当店の理念です。
※あくまでお客さまが第一前提での考えです。

と言う事で今後もお客さまのために出来うる限り
常に質の良いお花をより多く提供する事を心がけておりますので
どうぞレフアフラワーマーケットをよろしくお願い申し上げます。

ちなみに先週末に仕入れた下の写真のトルコキキョウは
通常のトルコキキョウの倍の価格です。
どうです?オーラが違うでしょ?
当然、お客さまにも好評でした♪

トルコキキョウ セレブライトピンク
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/282-fea1261e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。