1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 花屋の使命
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
花屋の使命
2005/12/20(Tue)
先日、東京の花屋さんジャルダン デ フルールの東氏をテレビにて拝見した。
そのテレビの中で一人の男性のお客さんが彼女(嫁さん?)の
バースデーアレンジを注文していた。

そして彼女の誕生日当日、バースデーアレンジをテーブルの上に置きながら
「誕生日だからお花を観ながら食事しようと思って」と男性。

彼女はお花を見つめながら感激して涙をホロリ、、、。

これです!この瞬間が花屋をしてて最高の瞬間なのです!!

人が大切な人にお花をプレゼントすると言う事は
他の物をプレゼントすると言う事とは
込められた「思い」が違うと思います。

それが花を贈られた人の心に届いた瞬間、人は感動するのだと思います。

心を込めて作ったお花で贈る側も贈られる側も感激して下さる!
その瞬間を目の当たりにする事は少ないのですが
目の当たりに出来た時や後日お礼を言って頂いたときに
「あぁー花屋をやってて良かった」と心から思うのです。

これからもお客さまの思いを大切に
一人でも多くのお客さまの笑顔が見れられるよう
精進して行きたいと帯を締め直した次第であります。

今日の一枚「アダルトなクリスマスアレンジ」

クリスマスアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<花屋の喜び | メイン | 花屋の師走>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/15-48916e56

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。