1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 花を愛でると言うこと・・・
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
花を愛でると言うこと・・・
2007/04/03(Tue)
花と言うものは人の生活に欠かせないものでしょうか?

花が無くとも人は生きていけるが
花のある生活は人の心を豊かにしたり、癒したりする事が出来ます。

学説では、約6万年前のネアンデルタール人の墓の中から
キク科などの花粉が大量に出たと言う事実があるそうです。

この事から花を愛でると言う事は人の本能で無くとも
人が人たらしめる為の情操と私は考えます。

花をそんなに好きで無い人でも
花を踏みにじる事に抵抗を覚える人がほとんどでは無いでしょうか?

それは、人が花の持つ魅力、生命力を感じ情操に訴えかけるからでしょう。

繰り返し言います。
花が無くとも人は生きていけるが
花がある生活は人の心を豊かにしたり、癒したりする事が出来ます。

明日、学校や仕事の帰りにお花屋さんへよって
一輪でも良いのでお部屋に花を飾ってみてはいかがですか?
部屋に花を飾ると言う事は、部屋自体がパッと明るくなりますし
部屋に花を飾るために花を買おうと言う気持ちが素敵です!

と言う事で今日の一枚は、祝い花です。
薄いサーモンピンクの大輪のマム『シルキーガール』が素敵です!

花を愛でる
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lehuaflowermarket.blog33.fc2.com/tb.php/126-2c11c930

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。