1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2012年02月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お金の話
2012/02/23(Thu)
現在、国会が開催されている。
社会保障と税の一体改革と言う名のもとに
民意不在の話し合いが行われ施行されようとしている。
国民の幸せの為にはお金が必要、
その為に国民に更なる負担を押しつけると言う本末転倒な話。

10年前、小泉政権の時、首相は言った。
「より良い社会実現の為に改革の為に国民も血を流して頂きたい」

首相に聞きたい。
いつまで我々は血を流し続けなければいけないのだろう?

原発事故の対応に関しても未だに国民の人権に目が向けられず
事故に絡む経済=金の事ばかりに目が向けられている。

そこで城南信用金庫をご存じだろうか?
城南信用金庫は脱原発宣言を掲げた金融機関である。

理事長である吉原毅さんはお金についてこう話す。

「お金って何だろう、それは得体の知れないモノ。
お金に関して今まで様々な考察があるが
今の世の中はそう言う考察をないがしろにして
「お金は大切なんだ」いきなりそこからスタートして
お金に支配されているのが問題。」

「そこでお金の本質というモノを考えて
そして健全な社会と言うモノは何か
人間の理想の基にお金をコントロールして行かなければならない。」

私は思う、、、日本と言う国は原発事故収束と言う途方もなく
時間とお金のかかる現実から従来の資本主義社会と言うのを考え直すべきだと。

岩井俊二監督「friends after 3.11」よりセレクト。
吉原毅さんのお話は4:56~です。

岩井俊二 friends after 3.11 飯田哲也 吉原毅... 投稿者 plutoatom

スポンサーサイト
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
トオリヌケ・ストリート
2012/02/17(Fri)
月、水、金、花の仕入れ日は早朝4時に出発する。
市場までの道中はもっぱらAMラジオを聞く。

中でも月曜日の3時半から始まる番組がお気に入り。

ラジオ関西(AM神戸)「中村よおのトオリヌケ・ストリート」

神戸出身のシンガーソングライターである中村よおさんが
70'Sのロック洋邦問わず流しつつ
お酒、美味しいモノ、音楽などのお話をすると言う番組。

70'Sの邦楽ロックにこんな名曲があったんだ!!
と目じゃなく耳から鱗が落ちまくる選曲が素晴らしく
それにまつわるトークもやや毒が回ってて良い感じ。

そして行きつけの居酒屋が
神戸は三宮の正統派居酒屋「八島」であるよおさんの
お酒と肴の話は朝から燗酒を飲みたくなるほどそそられる。

とにもかくにも、中村よおさんと言う味のある人柄が
にじみ出たような番組で他のラジオ番組とは一線を画す。

月曜日の朝3時半から起きている人なんて
そうそう居ないだろうけどお勧めなラジオ番組です。

ちなみに中村よおさんの書いた「肴のある旅―神戸居酒屋巡回記」
これまた良い感じの雰囲気漂う一冊です。
読後ふらりと居酒屋に立ち寄りたくなります。


この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
神戸の老舗焼き鳥「豊國」
2012/02/07(Tue)
少し前に封書が送られて来て知っていたのだが
この度、HPにも掲載されたのでここにも書きます。

神戸の老舗中の老舗、焼き鳥の豊國さんが閉店する。

この店は私が幼い頃から親に連れて来てもらって
食欲旺盛な子供の頃は「つくね30本」とかオーダーして
お店の人を驚かせていたりした。
そして、私も大人になり事あるごとに通わせて頂いた。
また、うちのチビ達も三歳から連れて行き始めた。

豊國さんの焼き鳥は言わずもがな釜飯が絶品。
特に冬場の牡蠣の釜飯。
一杯目は普通に食べて二敗目からは
山葵をちょいと落とし、これまた絶品のお吸い物を
ぶっかけて出汁茶漬けよろしくかっこむ。
これがめっぽう美味い!
焼き鳥でいい加減お腹がいっぱいでもサラサラっと入る。

今年の三月いっぱいであの味が食べられなくなると思うと寂しい。
閉店までには必ず行かないといけない。

店主、今まで美味しい焼き鳥と釜飯、ありがとうございました。
そして、どうぞゆっくり療養して下さい。
女将さん、色々と大変かと思いますが
店主同様、お体ご自愛しお過ごしください。

またいつの日か豊國の焼き鳥と釜飯が
食べられる日が来るのを祈ってます。

わさび、、、これもまた好きな一本でした。

わさび
この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
春の訪れ ミモザ 銀葉アカシア
2012/02/05(Sun)
2月に入りまだまだ寒いですが
走っていると桜並木の桜の蕾が大きくなり始めてる事や
丸裸だった木々に新芽の息吹を感じます。

そして花き市場でも新芽が青々とした
春の枝モノの入荷が多くなってます。

当店でヘビーローテーションの春の枝ものと言えば
外せないのが桜、桃はうーん、、、あまり使わないかな。
後は初々しい銀葉、黄金葉、そしてミモザ。

ミモザ、、、銀葉アカシアとも言います。
葉モノとしても銀色でシャープなフォルムが
かっこいいので重宝しますが
この時期は黄色いボンボン咲きのお花が咲き
とてもかわゆいのです。

今日の画像では花は蕾ですが
これが暖かくなるにつれ開花していきます。

ミモザ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
石岡瑛子さん
2012/02/02(Thu)
先日のNHKプロフェッショナルの流儀を観ていて
デザイナー石岡瑛子さんの死去を知った。

石岡瑛子さんを知ったのはコッポラ監督の「ドラキュラ」の衣装。
独特のおどろおどろしいセンスに引きつけられた。

そして間をおいて「The Cell」。
この映画の世界観は様々な現代アートのパクリだとか言われ
賛否両論だったが、やはり石岡さんの衣装は圧巻!!

私自身、クリエーターとしての
デザインのインスパイアは勿論の事
生き馬の目を抜くアメリカと言う国で
決して屈せず常に前進し情熱を燃やし続けると言う
仕事姿勢には感銘を受けた。

2月3日(金)午前0時15分~のプロフェッショナルの流儀
石岡瑛子さんの回が再放送されるようなので知らない方は必見です。

石岡瑛子
Copylighted "The Cell"
この記事のURL | 映画 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。