1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2011年06月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いつも死ぬ気で走っている
2011/06/24(Fri)
「死ぬ気になれば何でも出来る」と人はよく言う。
しかしそうそう死ぬ気で物事に取りかかる人は少ないと思う。

それをやってのけるランナーがいる。
川内優輝さん。
今年の東京マラソンで堂々3位入賞。
しかも実業団チームに属さない市民ランナー!!

この人の走りが凄い!
「いつも死ぬ気で走っている」と断言するとおり
東京マラソンゴール後、倒れ込み、自力で歩けず医務室搬送。
東京マラソンは6回目のマラソン、そのうち5回、医務室直行。

私は東京マラソンでの川内優輝さんのゴール姿にに感動しました。
こんな風に燃え尽きる走り方をするランナーは見た事が無い!!

そんな川内優輝さん、、、
先日行われた「隠岐の島ウルトラマラソン」50kmの部で
ゴール手前600メートルで熱中症による脱水症状で倒れ搬送。
レースは棄権したもの幸い命に別状は無いとの事。

こう言う走り方は賛否両論はあるでしょうが私は好きです。
「あしたのジョー」の主人公、矢吹丈を彷彿させます。

「みてくれだけの不完全燃焼とはわけが違う。
ほんの瞬間にせよ、眩しいほどに真っ赤に燃え上がるんだ。
そしてあとには真っ白な灰だけが残る。
燃えカスなんかのこりゃしない、真っ白な灰だけだ。」

男はかくあるべきだと。
超個人的見解です:-)
スポンサーサイト
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
舞台装花
2011/06/21(Tue)
例年ご依頼頂いている定期音楽会の舞台装花。
ヒマワリ、芍薬、房スグリ、アワ等がカラフルでいて涼しげです。

旬のお花と言うのは見る人の心持ちも
不思議とその時期にぴったりと落ち着かせてくれます。

何度もここで言っていますが殺風景な舞台でも
お花が一つでもあればパッと華やかになります。

個人でのリサイタルや音楽発表会などを開催する方々、、、
お気軽に当店に装花のご相談をどうぞ。

舞台装花
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
トイストーリ「俺たちは友達さ!」
2011/06/18(Sat)
今年の春から双子のチビ達が幼稚園に通い出した。
今までとは全く違う環境に彼らはドキドキワクワク!!

そんな中、通園鞄に付けていたチビの兄自慢、お気に入りの
トイストーリ「バズライトイヤー」のストラップが盗まれた。
ちょっとした事件である。

盗まれたと断言するのはストラップに引きちぎった後が残されていたからである。

盗まれた事に彼は意気消沈した。
しかしそれを親の私達に悟られないよう気丈に振る舞う。

数日経ったある朝、彼が喜び勇んで起きてきた。
「バズライトイヤーがあってん!!鞄にあってん!!」と鞄を探し出す。
そう、、、彼は鞄の中にバズが戻って来た夢を見た。

そんな彼の姿を可愛そうに思う親バカ心に火がつき(笑)
幼稚園に捜索願を要請し、代替えを色々探すのだが同等のものは無い。
それもそうのはず、このストラップは私の友人がお土産にくれた
ディズニーランドの一角にだけしか販売していないと言うレアもの。

そんな中、その友人からバズのストラップが
行きつけの本屋さんでのくじ引き景品にあったとの連絡が!!

が!しかし!くじ引きは三日前に終わっていた!!

意気消沈した友人はレジに向かい、そこで何とウッディとバズを目にした!!
何と!景品の残り物として売られていたらしい。
しかもウッディとバズだけがちょこんと残っていたとの事。

これには運命を感じざるえません!!

だって映画のトイストーリも仲間が引き裂かれて最後は
皆で力を合わせ子供の元に連れ戻って来ると言うお話し。

そう「俺たちは友達さ」である。

友人も言ってくれました。

「双子のもとに自分たちで帰って来た」んだと。

バズが届きディズニーの袋を開けたチビが、、、
「うぉおー!!バズやぁああ!」と言って目を輝かせたのには
思わず涙が出そうになりました、、、ハイ親バカです(苦笑)。

何時もチビ達の大好きなトイストーリお土産を送ってくれる友人に本当に感謝です!!

バズライトイヤー

今はウッディーと仲良く並んでます。
二度と引きちぎれないように鞄に付けました!!



この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
アートフラワー
2011/06/16(Thu)
引き続きアートフラワーアレンジメントのご紹介。
先日、祝い花としてお届けしたアートフラワーアレンジメント!

額としても扱える背の低いフラワーベースに様々な種類のお花を散りばめました。
玄関先、ダイニング、寝室のサイドテーブル等々、置き場所を選びません。

アートフラワーアレンジメント

何度もお話ししてますが当店取り扱いのアートフラワーは素晴らしいです。
アレンジに使用しているイングリッシュローズの縁の色あせ方は絶品!
そして、わざとダメージ加工を施しており、とてもナチュラルに見えます。

アートフラワーアレンジメント
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
父の日
2011/06/14(Tue)
二児の子を持つ父として嘆かわしいことですが
影の薄い「父の日」が今度の日曜日19日にやって来ます。

「父の日にプレゼントなんて何をあげて良いか分からない!」
と言う方は多いかと思います。私もそうでした(苦笑)。

実は父の日にお花を贈るのって皆さんが思っている以上に多いんですよ!
中でも人気なのがアートフラワーアレンジメント。

水やり、水替えなどの手間いらずで置き場所も選ばず
ずっと飾れると言う事から世のお父さんには好評なようです。

と言う事で父の日ではないですが
先日、お父さまへのお見舞いとしてお届けした
アートフラワーアレンジメントです。
白基調でクールにまとめました!
男性はこう言うのが好みかと♪

アートフラワーアレンジメント
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
初夏
2011/06/12(Sun)
バタバタとしてたら一週間近くブログを更新してませんでした。
週明けくらいからはもう少しスローペースになる予定なので
またマメに更新したいと思います。書きたいネタもありますし。

話はいきなり変わりますが「房スグリ」。
梅雨前位から青々としたものが出回り
その涼しげな風情がジメジメした天候の中、さっぱりさせてくれます。

実が赤くなったものが出始めだすといよいよ夏の到来です。

房スグリ

この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
サマーアレンジ
2011/06/06(Mon)
今年は既に梅雨に入りジメジメするかと思いきや
ここ2~3日は洗濯日和の良いお天気。

花き市場の荷物も顔ぶれは夏色満載です。

生き物を使った性質からか
四季折々の旬のお花を使っていると
作り上げるフラワーギフトはその時期にあった色調になります。

秋はシックな色調。
冬はキーンと張り詰めた透明感のある色調。
春はパステル調の淡く優しい色調。

そして夏はパキッと原色系の元気な色調。
ヒマワリ、モカラ、アンスリウムなどを使用したこんな感じです♪
退職した男性への祝い花としてお届けしました。

ヒマワリのサマーアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
2011/06/01(Wed)
終盤を迎えつつある芍薬ですが今週は何故か大量の入荷。
芍薬は蕾が堅すぎるとなかなか咲き難く
一端蕾がほころびだすと一気に咲きほこり散っていくと言う
そう言う意味では不経済なお花です。

でも!でも!でも!でも!

芍薬がはらはらと散っていく姿はとても美しいものなのです。
そして何と言ってもこの時期しか愛でる事の出来ない
他の花では代え難い圧倒的な可憐さと華やかさを併せ持ってます。

お客さまは花保ちが良いと喜んで頂けます。
しかしお花の中には短命なものも多くあります。
そして、えてして短命なものは
繊細な美しさを持つ魅力的なお花ばかりです。

花は生き物です。
散りゆく姿も美しいものです。
散りやすいお花は嫌っ!と言わないで
時には旬で繊細なお花を愛でられる事をおすすめします。
花を見る目がきっと変わります。

と言う事で今日の一枚は
そんな繊細なお花、芍薬、クレマチスなどを使った
パープルメインのサマーアレンジ。
息子からお父さまへの退職祝いとしてお届けしました。
息子から父へお花なんて格好良いなぁ~。

芍薬・クレマチスのサマーアレンジ

この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。