1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2011年02月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お花の品質 その2
2011/02/26(Sat)
先にお話ししたお花の品質。
希少品種はカリスマ的な生産者が生産したモノが殆どなので
否が応でも品質は高くなります。

ここだけの正直な話、これが定番品種になると??なモノが割とあります。
しかし確かな産地のお花は定番品種でもしっかりしています。

今日ご紹介するバラ「ミルバ」。
定番品種ですが作る人がしっかりしていれば「おお!」と言う出来映え。

バラ ミルバ

そんなミルバを使った「これでもか!オレンジ」なアレンジがこちら。
色調の違うオレンジを使っているので絶妙な美しさがあります。

オレンジ色のアレンジ
スポンサーサイト
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
お花の品質
2011/02/22(Tue)
「安かろう悪かろう」
不景気の昨今、各業界の企業努力で一概には言えないこの言葉。

ただお花の世界ではコレ結構当てはまります。
高品質のお花を作るには多くの設備投資と労力が欠かせません。
これらはお花の価格に反映されるので高品質のお花は高価格になります。

しかし高価なだけあって花の持つ美しさとオーラは抜群です。
そして高品質のお花は保ちが良く長く楽しめるので
逆にコストパフォーマンスは優れていると言えます。

今日、ご紹介するのはそんな高品質なバラを作っておられる
藤原農園さんの「ディープウォーター」。

花弁は厚く、縁にいくにつれ
薄くグラデーションのかかったルビーレッド色がとても艶やか。
茎や葉もしっかりしていてこの時期なら2~3週間は楽しめます。

バラ ディープウォーター

そしてそのバラを使った楽屋見舞い。
アジサイはオランダ産、カラーやダリア等、他花材は全て国産。
確かな品質のものだけを使い花屋として
こう言うお花を扱える幸せを味わいながら作ったアレンジは圧倒的な存在感です。

バラ ディープウォーター

確かなフラワーギフトをお求めのお客さまは
お気軽に当店をご利用下さいませ。
ご予算に応じて最高のお花をご用意致します。

この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
新顔ラナンキュラス「シャルロット」
2011/02/18(Fri)
去年から今年にかけて目ざといお花屋さんが注目している春のお花があります。

それはラナンキュラスの「シャルロット」と言う新品種。
数人のカリスマ生産者さんが生産しているようです。

初めて見た時は花のプロの私も「何?この花?綺麗やん!」って目をみはりました。
スカビオサに似た咲き姿で品のある発色、そして15cmはあろうかの超大輪!
ちなみにラナンキュラスはサイズが大、中、小とあり
今日、ご紹介するのは大のローヌと言う最高規格。

ただ、まだ出荷量が少なく高額なのが玉にきずなのですが
花屋が目をひく美しさなのは確かです。
タイミングが合えばお客さまのお手元にお届けいたします♪

ラナンキュラス シャルロット

この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
春色
2011/02/15(Tue)
昨日の神戸は突然の大雪。
帰路の道路は停滞している車で麻痺状態。

幸い冬タイヤを履いていたのだけど
この大渋滞では通常のルートでは帰宅は不可能と判断し
かなり遠回りだが大きな幹線道路を通ったのが幸いして
何時もより大幅に時間がかかりましたが帰宅。
疲れた~!!

さてそんな風にまだまだ寒い二月。
花き市場では淡く鮮やかな色調のお花が多く春色満載です。

活け込みやアレンジには春色を盛り込んでいますので
一足早い春の訪れを大切な方へのプレゼントに如何ですか♪

春色
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
生き金と死に金
2011/02/08(Tue)
ニュージーランドで開催されたIPC(国際パラリンピック委員会)
陸上競技世界選手権大会のマラソンにて
全盲の和田伸也さんが銅メダルを獲得!!

おめでとうございます!

マラソンは確実に走った距離が比例してタイムが縮むまぐれのない競技。
ブラインドランナーの方達は伴走者がいないと練習できないので
その環境を整えるだけでも一苦労。

そして昨今はオリンピック選手でも自費での遠征がある不況の中、
日本盲人マラソン協会所属の和田氏も自費でのニュージーランド遠征。

走る前から様々な逆風に立ち向かい
そして本番の42.195km堂々の3位入賞!!

困難に屈せず走り続ける人々は我々に勇気を与えてくれます。

話は一転、確定申告。

この時期になるとフリーランスや商売人は税金に関する申告手続を行います。
そして国税庁は申告手続きに「e-Tax」なる電子納税を推進しています。

この「e-Tax」がはっきり言って使えない代物。
わざわざ手数料を支払い役所で「電子証明書」を発行してもらい
「ICカードリーダライタ」を別途、購入しなければならない。

ITの進んだ今時、もっと効率の良い本人証明の方法があるだろう。

はっきり言って天下り受け皿作りのためとしか
言いようのないお役所日の丸仕事。
この「e-Tax」導入にどれほどの税金が無駄に使われている事か、、、。

こんなくだらない事に税金を突っ込むのなら
上述のアスリート達に少しでも助成をするとか、、、
難病患者の皆さんのために使うとか、、、
様々な使い方がありると私は思う。
こう言う所にお金を流すと言う事も「人間力」
「国力」を強化するのに必要な事だと私は思う。

要するに「生き金」だ。

今の政府は「死に金」ばかりを使い
だらだらだらだら枝葉末節の議論ばかり。

政治家なら理想を語れ!!
そして自ら血を流し改革を断行しろ!!
現実ばかりウジウジと語り合い
保身に必死で肝心の事から逃げてばかりはいい加減やめてくれ!!
この記事のURL | 雑感 | TB(1) | ▲ top
アイリス
2011/02/05(Sat)
最近、個人的にちょっと好きなお花があります。
それはアイリス。

アイリス


アヤメです、、、と言いますか正確にはアヤメ属でして
同じようなお花にカキツバタ、ハナショウブがあります。

昔から「いづれ あやめか かきつばた」とあるように
それぞれ区別しにくく、花屋でも区別出来る人は少ないです。

そして、切り花として出荷される多くはダッチアイリスです。

さて、このアイリス。
茶花ぽくって殆ど使う事が無かったのですが
最近はお客さまのリクエストに合うならば使っております。
独特の形状が非常に美しいと感じます。

葛飾北斎や尾形光琳、ゴッホがモチーフにしたのも納得。

ちなみにこれが北斎の「あやめにきりぎりす」

あやめにきりぎりす

そして有名な光琳の屏風絵「燕子花(かきつばた)図屏風」

燕子花(かきつばた)図屏風

最期に恐らく北斎の影響を受けて描かれたゴッホの「アイリス」

アイリス

美しい!


この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
かけがえのない思いで
2011/02/01(Tue)
双子のチビが生まれて「あっ!」と言う間に3年が過ぎた。
そのチビ達も今年春から幼稚園通いだ。

良く言われる事だけどつくづく子供達に親にさせて貰っていると思う。
そして、三歳になる我が家の雄猿どもはスクスクとやんちゃに育っている。

ついつい声を荒げて叱りつけてしまう事もある。

ただ叱る時に心がけている事がある。

それはジブリ宮崎駿氏の話。

ある日、宮崎駿氏が幌付きの車に親戚の子供達を乗せていた時の事。
突然雨が降り始め子供達は大はしゃぎ!
しかし、宮崎駿氏は「早く幌を閉めなさい!!」と怒鳴ってしまった。

後になり「子供達があんなに大喜びしていたのに、、、
車が濡れてしまうと言う小さな事で
子供達のかけがえのない思い出を潰してしまった!!」
「俺はくだらない大人だ!」
と自己嫌悪に陥ったらしい。

この話は私の胸を大きく打ちました。

私も大人から見ればどーでもよく見える事や
叱りたくなる事でもそれが彼らにとって
かけがえのない貴重な経験や思い出になるなら
それを止めてはいけなと!ましてや叱るなんて以ての外だと。

と、まぁ立派な事を書いてますけど
中々これが、、、
ついつい叱ってしまい何時も自己嫌悪なレフアフラワーマーケット代表です。

追伸、、、
カンヌ国際広告賞で銀賞を受賞した公共広告機構のCM も
そう言う事を描いた素晴らしい作品です。




この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。