1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2010年06月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミニカラー
2010/06/24(Thu)
梅雨に入りムシムシ暑くなって来た今日この頃、、、
皆さまは如何お過ごしでしょうか?

私はと言いますとまた風邪をひきました。
正確には、先月もそうなのですが、
二歳半になる双子のチビ達からうつされました。

子供が出来て初めて知ったのですが
子供由来の風邪は大人にとって、きつく長引くようです。

と言う事で、ここ暫くブログ更新を
サボっていた言い訳にかえさせて頂きます。(苦笑)

さてさて、これから日本の暑くて湿度の高い夏がやって来ます!
毎年ここで書いてますが、この時期になると、、、

「夏は花が保たないから、、、」

と言う事を良く耳にします。
確かにバラやガーベラ、ダリアなどは暑さに弱く保ちが悪いです。
しかし暑さに強い花もある事も知って頂きたい!!
夏でも長くお花を楽しんで頂きたい!!

そこで今回ご紹介するのは、ミニカラーの「ガーネットグロー」
大人可愛いピンクが特徴のこのカラー!
そのキュートな見た目とは裏腹にかなりタフな奴でござる!

下の画像は当店の居残りガーネットグローの一輪挿し。
仕入れてから既に二週間経ちます。
この蒸し暑さの中、まだまだ綺麗♪
どうです?良い感じでしょ♪

ガーネットグロー

ちなみにミニカラーは他にも品種のバリエーションが富んでおり
やはり一応に日保ちに優れております。
ただ、国産品と輸入品があるので注意が必要です。

当店で使用するミニカラーは国産、輸入に捕らわれず
バッチリ高品質のモノを使用していますのでご安心下さい♪
スポンサーサイト
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
季節の実もの
2010/06/13(Sun)
本日6月13日。一日中しとしと雨が降ってます。
天気予報で近畿地方は梅雨入りしたとの事。

梅雨入りすると、花市場は一気に夏模様にシフトして行きます。
ヒマワリ、ケイトウ、アジサイ、アマランサス、クルクマ、ギガンジューム、
アリアム、アガパンサス、スモークツリーなどなど、、、
挙げだすとキリが無いほど多くの旬のお花があります。

中でもベリー系の実ものはこの時期だけしかないとびっきり旬な花材です。
そんなベリー系の中でも房スグリは出荷当初は翡翠のようなグリーンで
日をおう毎に赤く色づき出し、その透明感溢れる姿は
蒸し蒸しする梅雨や夏を涼しげに演出してくれます。

開店祝いや楽屋花、各種スタンド花などの祝い花にはもってこいです♪

房スグリ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
冷製パスタ
2010/06/10(Thu)
昨日は我が家のベランダ菜園で採ったバジルを使って
パスタ当番の私が冷製パスタを作りました。

我が家の冷製パスタのソースは二種類です。
トマトソース系か梅干しペースト醤油味系。

昨晩はトマトソース系。
オリーブオイルにレモンジュースと塩胡椒。
そこに少々のおろしニンニクとトマトペーストを足し
旬の野菜と好きな具材を投入。
今回はキャベツ、フレッシュトマト、生の桜エビ、、、
そこにバジルをたっぷりと♪

家人が愛情を注いだバジルは香り高く歯触り優しく
最高に美味しかったです。そしてキンキンに冷えた白ワイン!
あー!幸せだぁー!!

冷製パスタ

この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
ベランダ菜園
2010/06/09(Wed)
今、ベランダ菜園が熱いのかラジオで良く耳にする。
かく言う我が家の家人もベランダ菜園に情熱を注いでいる。

と言うのも、去年より子供に新鮮な野菜を食べさせたいのと
家計の足しにと、家人がベランダ菜園を開始した。
が、しかし、開始したのは良いが収穫量が芳しくない
、、、と言うか殆ど収穫出来なかった。

私は半分小馬鹿にして「野菜買った方が安くついたやん」
と、余計な一言を言ってしまった。

さぁ!さぁ!この一言が家人のベランダ菜園魂に火を付けた!!

今年に入り「あんたには一言も文句は言わせへん!!」と
野菜用のプランター、苗、土、肥料、園芸用品等々
全て家人の自腹で購入!!しめて一万円以上の出費(苦笑)。

そして育児と家事の合間にネットと本でベランダ菜園を猛勉強。
うちの家人は思い立ったら猪突猛進型。
完全に周りが見えなくなるタイプな人。
このような人達ばかりだと世界中紛争が絶えないであろう(苦笑)。
あ、また余計な一言を言ってしまった。

それはさておき、ベランダ菜園夏バージョン開始一ヶ月。
家人の情熱が注がれた野菜達は順調に育ってます。
きゅうりに至ってはあと数日で何本か収穫出来そうです。

たいしたものです!野菜達は家人が情熱を注いだ分、
去年とは比べものにならないほど大きく元気に育ってます。

この分だと夏にはゴーヤがベランダを覆い尽くし
丁度良いサンシェードになってくれ
毎日、収穫された茄子、キュウリ、トマト、ピーマンなどの
夏野菜が我が家の食卓を彩ってくれるでしょう♪

今やベランダ菜園の達人になりつつある家人に感謝!!

あ、そうそう、今夜は早速収穫した
フレッシュなバジル、シソを使って
パスタ当番の私が冷製パスタを作る予定です♪

バジル

この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
一日一生
2010/06/04(Fri)
先に触れた「一日一生」を読みました。

とても良い本でした。全ての人にお勧めします。
書いてある内容は素直な事ばかりなのですが
心に染み入るように言葉がスーッと入って来ます。

著書の酒井 雄哉さんは歩く行である千日回峰行を通して
我々に「歩くことが、きっと何かを教えてくれる」とおっしゃっています。
具体的にはこう記しておられます。

「心がおっつかないから迷ったり、生きるのがしんどくなる。
世の中だってぎくしゃくしてくる・・・。
もういっぺん振り出しに戻ったり、
本来の姿を振り返る必要があるんじゃないかと思う。

それには、歩くことなんかじゃないかな。人間の自然な姿は歩くことだから
歩くことは人間を振り出しに戻してくれる。」

「何かを置き忘れているような気がしたら、少しずつでいいから
歩いてみるといい。歩くことがきっと何かを教えてくれるよ。」

この言葉は凄~く納得です。
私は走る事を趣味にしており、日に10~20km、多い時は30~40km走ります。
走ってると日によって、とても気持ち良い時や正直しんどい時と色々あるのですが
何時も決まって走っているうちに思考が凄くシンプルになって来るのです。

さすがに私は凡人なので酒井さんのおっしゃるように
「何かを教えてくれる」とまで悟れないですが
フルマラソンを走りきった時は「何かを感じる事が出来ます。」
「何を感じる事が出来るねん!?」とつっこまれれば
「何か感じれるねん!!」としか言いようがないんですが、、、

去年100kmウルトラマラソンを走りきった時は一言で言うと
「生きている喜び」を感じる事が出来たような気がします。

と、言う事で調べて見ると酒井 雄哉さんの良さそうな本がもう一冊ありました。
脳科学者の茂木健一郎さんが質問し酒井さんが答えると言う質疑応答形式の対談集。
これまた図書館にて予約しましたので良かったらまたここで感想でも述べますね。


この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
ガーベラと薔薇
2010/06/01(Tue)
6月に入りました!
何時も言ってますが「早っ!!!」

さて梅雨目前と言う事になりますが
この時期からお花の仕入れは
何時も以上に慎重にしなくてはいけません。

なぜなら、お花が蒸れやすくなりカビったりするからです。
特にガーベラとバラは要注意です。
ガーベラはカビやすく、バラはシミが出たりする場合があります。

また、バラは夏向けて頭がドンドン小さくなり
咲くのも早く花保ちも良くなくなります。

と言う事で、その時の仕入れ状況により
ガーベラ、バラはお勧め致しかねる場合がありますので
ご了承下さいませ。

と言う事で先日お届けしたガーベラとバラのアレンジ。
可愛らしく小さなアレンジと思いきや
パスタと言う大輪のガーベラに
これまた大輪のバラ、スイートアバランチェが存在感たっぷり♪

ガーベラとバラのアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。