1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2010年02月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ラナンキュラス
2010/02/27(Sat)
さぁ!三月です!
一足ごとに春がやって来ます!

三寒四温の季節になって来るとチューリップやヒヤシンスは
首が長くなりだし、咲くのが早くなって来るので
長くお花を楽しみたいと言う人には不向きになります。

しかしながら、春のお花は概して暖かくなると咲きが早くなるもので
それを自然の営みとして咲き姿を楽しんで頂きたいと言うのが
花屋の正直な気持ちなのですが、、、
それでも春のお花でも長く楽しみたい!飾りたい!と言う人には
ラナンキュラスをお勧めします!

それもフラワースピリットと言うカリスマ生産集団が作る
ラナンキュラスは天下一品です!!
フラワースピリットさん、実は当店がさんざん紹介している
ブランドトルコキキョウ『コサージュ』の生産者でもあります。

何故カリスマ生産集団かと言いますと
フラワースピリットさんは切花に品質基準を設け
その基準をクリアしたものしか出荷せず
またそれが美しいの何のって!!
お花のオーラが素晴らしいのです!!

大輪のローヌと言うラナンキュラスの品種なんて
咲き姿は芍薬ほどの大きさと素敵さです。
花保ちの良さは、三月、四月頃でも管理さえしていれば一ヶ月は保ちます。

当店で扱うラナンキュラスの多くはフラワースピリットさんのものです!

ラナンキュラス!旬です!お勧めです!!

今日の一枚はそんなフラワースピリットさんの
ラナンキュラス、キミやちほの舞を使った春のボックスアレンジ!

ラナンキュラス
スポンサーサイト
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
ダリア
2010/02/20(Sat)
最近は花屋のブログらしく真面目にお花のお話が多いので
また近いうちにグルメネタや面白話しでもと思っております。

が!今日もお花のお話です。

ここ数年圧倒的人気を誇るダリア。

人気の火付け役は限りなく黒に近い深紅の『黒蝶』や
目が痛くなるほど真っ赤な『熱唱』の存在が大きいでしょう。

また生産者の増加により周年出荷され始め
水落、花保ちも改良されているので
花屋にとっても使い時が多くなっています。

さて、『黒蝶』『熱唱』があまりにも人気なので
今日は他の素敵なダリアを紹介します。

その名も『ムーンワルツ』
素敵な名前でしょ!名付け親はセンスあるなぁーと思います。

直径15~20cmはある大輪系なのですが
色目が非常に透明感に溢れているので繊細な印象が強いです。

もうこんな素敵なダリアのフラワーギフトを貰えば
どんな女性でも飛び上がるほどの気持ちになるんじゃないでしょうか?

ムーンワルツ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
レインボーなお花達
2010/02/14(Sun)
プリザーブドフラワーでは無く
生花の染色って意外と昔からあります。

スイートピーの黄色やオレンジのようにとても自然な色合いのものから
真っ青なバラやキク、かすみ草のように見るからに人工的なものまで
かなり幅広く生花の染色技術と言うのは一般的です。

そしてこの染色技術の最先端を行くのがオランダ。
賛否両論がありますが、今では普及しているレインボーローズや、、、

レインボーローズ

レインボーカーネーション、、、

レインボーカーネーション

そして何とチューリップまで出始めました!!
花屋的にチューリップの染色はかなり意外なので
始めて見た時は「えっ!?」「何?コレッ?」と驚きました。

レインボーチューリップ

もう一度言います。これらはプリザーブドフラワーではなく生花です。
また、輸入品なので他の花材に比べれば花保ちは劣ります。

尚、これらのお花を購入したいお客様は
当店までお気軽にお問い合わせ下さい。
但し、入手まで最低一週間必要な事をご了承下さい。

レフアフラワーマーケットお問い合わせ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
装花と花束
2010/02/11(Thu)
装花、フラワーディスプレイと言うお仕事はコンサートやリサイタル。
そしてウェディングに入学式、卒業式
各種イベント等々と多岐に渡るのですが
その中でも大学教員の最終講義での装花依頼が意外と多くあります。

昨日も某有名大学へ装花と花束の納品を終えたばかりです。

いまの時期は小手毬や雪柳、ミモザなどの春の枝だものが
充実しているのでとても軽やかで華やかな装花が出来ます。

昨日は大きめの装花だったので
準備室を用意してもらい、そこで一から活けました。

何時も装花をしてて思いますがお花の力は偉大です。
ポンっとお花一つあるだけで
その空間はパッと華やかになります。

各種講演、イベント関係者の皆さま、
関西圏の装花はレフアフラワーマーケットにお任せ下さい。

ご依頼、ご質問はお気軽にこちらまで↓
レフアフラワーマーケットお問い合わせ

装花
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
ハイドランジア・紫陽花
2010/02/08(Mon)
昔は紫陽花と言うと梅雨時のものだったのですが
今では通年入手可能になりました。
梅雨の前後は国産が出回り、国産が終わる頃にオランダ産が入って来ます。

そして1月終盤頃からニュージーランド産にシフトして行きます。
輸入品は国産に比べると秋色(アンティーク系)がかなり良い感じです♪
本日も良い感じのものを仕入れたので活け込みに使うのが今から楽しみです♪

当店で仕入れたお花は全て各々に適した水揚げ処理を施してやり
しっかりとお花に水が行き渡ってから使います。
紫陽花は水揚げが難しいと言われますが(確かにそうですが)
適正な処理をしてあげるとシャキシャキに水が揚がります。

また、水がちゃんと揚がった紫陽花は花保ちがとても良くお勧めです♪

さて、話しは変わりますが今週の日曜日はバレンタインデー!
バレンタインデーは花屋にとって、正直、かき入れ時では無かったんですが
去年辺りからご注文が殺到しております。
また、男性から女性への逆チョコならぬ逆花が多いのも時代の流れ!

今は春のお花が出そろった時期です。
色とりどりの春のお花に愛や義理を込めてお花を贈られては如何ですか?
皆さまからのご注文、心よりお待ち申し上げております。

レフアフラワーマーケットショッピングページ

ハイドランジア
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
旬です!
2010/02/01(Mon)
ラナンキュラス旬ですよ!
一口にラナンキュラスと言っても何品種かあります。

それぞれにお勧めポイントがありますが
今日お勧めするのはレイネッテグリーン!
花弁の中心がレタスのようなのが特徴!

ラナンキュラス

もともとラナンキュラスは花保ちの良いお花ですが
特にこのレイネッテグリーンは、ずば抜けた良さです。
ちなみに去年の写真ですがこちらは二週間目経ったのものです。
この後、確か二週間は咲き続けたと思います。

ラナンキュラス
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。