1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2006年12月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
感謝
2006/12/31(Sun)
今年、ご注文を頂いた皆様へ、、、

数あるフラワーショップの中で当店を選んで頂き、誠にありがとうございます。
当店のお花が皆様の心が華やいだり和んだりする事のお役に立てたのなら
これ以上に嬉しい事は御座いません。
またのご注文を心よりお待ち申し上げております。

何時もご注文を頂く常連様へ、、、

今年も本当にお世話になりました。
毎回、毎回、お客さまより信頼頂いていると言う心地よいプレッシャーと
喜びを糧に今後とも素敵なお花を作り続けますので
フラワーギフトご入り用の際はお気軽にいつものようにご注文下さい。

このブログを読んでる全ての皆様へ、、、

当店は、お客様のご注文を頂いてから
お花を仕入れ、管理し、制作すると言うスタイルを貫いています。
より新鮮で素敵なお花をお届けしたい!!
贈り手が花に込めた想いまでお届けしたい!!
この事を何時も念頭においています。

お客様のご注文を頂いてからお届けするまで
一貫して一人一人のお客様のために丁寧に作業を進めています。
他とは違うお花をお求めの方、、、
是非当店を一度ご利用下さい。
皆様のご依頼、ご注文、お待ち申し上げております。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
では皆様にとってよい年でありますように!!




迎春アレンジ
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
忘年会
2006/12/28(Thu)
クリスマスも終わり一段落したと言う事で
先月に小火(ぼや)を起こして内装工事に入っていた
行きつけの焼肉屋ポッサムチプへ復活祝いと忘年会を兼ねて行きました。

以前にも書きましたが、ここの大将は勉強家さんでして
様々な部位を様々な食し方で提供してくれると言う
常に進化し続けているお店です。一言、美味い店です!

さて、今回はお任せで頼みました。
好きな部位を注文するのも良いのですが
おまかせにすると、こちらの好みを把握してくれつつ
色々な部位を少しずつ食せますので
慣れてきたらお勧めの注文方法であります。

例えば、、、『生レバとユッケは必須で後はお任せ』とか
『生全部盛り合わせでホルモンを充実させて!』とか
わがままを快く聞いてくれます:-)

では、さっそく生レバから頂きます♪
生レバは私も家人も大好物ですから何時も必ず2人前です。
ここの生レバはホント何時も美味いです!!外した事は無いです!
そして、以前は薄めのカットで枚数があったのですが
リニューアル後からは枚数を減らし、厚めのカットになってました。
この厚めのカットは良いです!生レバを堪能できます。
『あ~!生レバ食った~!』と言う満足感が得られます。

後、ユッケも食べたのですが、今回のユッケは最高に美味かった!!
何時もの部位とは違うような、、、とにかく美味かった!!

そして塩もん♪
厚切りタン、ミスジ、ヒウチ、ネクタイ等々
神戸牛と佐賀牛の色々な部位を堪能した後にタレへとなだれ込み
最後に冷麺で〆てごちそうさまでした!!

さぁ!今年も後残すところ僅か!
体調管理万全にラストスパートをかけて行きます!!

焼肉ポッサムチプ
この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
Merry Xmas!!
2006/12/23(Sat)
業務連絡です。
12/24着の生花フラワーアレンジメントのご注文が
定数を満たしましたので締め切らせて頂きます。

クリスマス用アレンジメントをご注文頂いた皆様
当店をお選び頂き、誠にありがとうございます。
当店のお花が様々方々のクリスマスのシーンを少しでも
彩ることが出来ればこの上なく嬉しい事です。

では、皆様、素敵な聖夜をお過ごし下さい。

Merry Xmas!!

クリスマスアレンジメント
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
迎春用フラワーアレンジメント
2006/12/21(Thu)
師走よろしく、バタバタと走り回っております。

皆様は趣味等で仕事のストレスを発散させたり
リフレッシュされてる事かと存じます。
で、私の場合はスポーツジムにてリフレッシュ&リセットしております。
ほとんど毎日ジム通いと言う所謂、運動病でございます。
で、家人より運動馬鹿と罵られてる始末でございます。(笑)

しかし師走に入り、そのジムへもなかなか行けない状態が続いております。

と、それはさておき宣伝です。

迎春用の生花フラワーアレンジメントを随時受付しております。
〆切は12/27(木)までです!
大晦日、まったりテレビを観ながらリビングに素敵なアレンジがあれば
より一層、素敵な年越しを過ごせますよ♪
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
クリスマスツリーアレンジ
2006/12/18(Mon)
今日は12月18日、、、今年も後残すところ2週間。
クリスマスイブまで後6日。

前にも記しましたが、12月の花屋は正月とクリスマス双方の頭を
切り替えながらの仕事が続くので少々大変です。
正月用のアレンジを考えながら花材を手配しつつ
市場ではクリスマス花材を仕入れ、アレンジを制作&発送。

今週から一気にクリスマスアレンジのオーダーが増えております。
良い花材を仕入れる事が出来ますので
早め、早めのオーダーをお勧めすると共にお願い申し上げます。

と言う事で、今日の一枚は当店人気のクリスマスツリーアレンジメントです!!
白い陶器のフラワーベースにアレンジしてお届け致します!
※ご予算6000円以上より陶器のフラワーベース仕様となります。
  6,000円以内は籐で編んだフラワーベース仕様となります。


クリスマスツリーアレンジメント
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
焼き鳥の豊國
2006/12/17(Sun)
以前にここでご紹介した神戸の老舗焼き鳥屋さん『豊國』さんが
冬限定の『かきの釜飯』を始められたので、それを目当てに行きました。

寿司屋でも焼肉屋でも焼き鳥屋でも
まづは刺身から始めるのが定石ですよね!
と言う事で売り切り御免の『白肝の刺身』を頂きます。
ごま油醤油と塩のどちらかお好みで食すのですが
私的には男らしく塩で食すのをお勧めします。
塩で食すとまるでフォアグラのような白肝を最大限に堪能できます!

もう間違いのない美味しさに上機嫌で焼き鳥を注文します。
すると大将が刺身で食べた白肝の串焼きを勧めて下さりました。
この白肝の串焼き、塩をふりサッと軽く焼いてあるのですが
これが美味いの何のって!!刺身で食べるのとはまた違った食感で
甘さが刺身より引き立っています。
『白肝の刺身』と『白肝の串焼き』外せないメニューです!!

あっさり且つ旨みのある串焼きを堪能し
最後は冬の定番『かきの釜飯』です。
お約束通り、山葵をのせおすましをザーッとかけ
お茶漬けよろしくズズズーッとかっこみます!!

大将、女将さん、何時も間違いないお味、ご馳走様でした!!

豊國の釜飯
この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
クリスマスのフラワーアレンジメント
2006/12/15(Fri)
クリスマスの近づくこの時期、赤い花、特に赤いバラが高騰します。
お客様はクリスマスと言えば赤いバラをご所望される方が多いです。

しかしながら赤いバラをこの時期使うと言う事は
当店の企業努力にも限界がありますので
必然的にボリュームが減ると言う事なのです。

クリスマスの時期に赤いバラも定番で良いですが
渋くて品のあるお色のバラのクリスマスアレンジなんて
大人っぽく且つ華やかで素敵ですよ!

今日の一枚はそう言う一枚。
赤を使わない、大人のクリスマスアレンジです。

クリスマスアレンジメント
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
プリザーブドフラワーXmasキャンドルアレンジ
2006/12/12(Tue)
ホームページ上ではカテゴリーを設けておりませんが
レフアフラワーマーケットでは
プリザーブドフラワーのアレンジメントも当然、承っております。

今の時期ですとプリザーブドフラワーの
クリスマス用のキャンドルアレンジなんかが人気です。

当店のプリザーブドフラワーオリジナルキャンドルアレンジは如何ですか?
聖夜に暖かな明かりを灯します:-)

と言う事で、今日の写真は聖夜を彩る
当店オリジナルプリザーブドフラワーキャンドルアレンジです。
サイズ 20cm(幅)×20cm(奥行き)×25cm(高さ)
参考価格\10,000-(送料無料サービス、カード・後払い手数料別途必要)

ご注文はお早めに!!

プリザーブドフラワーのクリスマスキャンドルアレンジメント


プリザーブドフラワーのクリスマスキャンドルアレンジメント


プリザーブドフラワーのクリスマスキャンドルアレンジメント
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
お勧め映画 ホテルルワンダに続く
2006/12/09(Sat)
先だって映画『ホテルルワンダ』をご紹介しましたが
同じ民族紛争をテーマにした優れた映画がもう一本あります。

『キリングフィールド』

この映画の背景は1970年代のカンボジアである。
1970年代と言えば世界的にはベトナム戦争終盤であり、
日本では大阪万博が開催された年でもある。

この映画も『ホテルルワンダ』と同じく内戦による大虐殺の中を生き抜いた
カンボジア人(ニューヨークタイムス通訳)と、その雇い主であるアメリカ人
(ニューヨークタイムス記者)の関係を軸に、戦争の悲惨さ壮絶さ度し難しさと言う
人間の闇の部分を描くと同時に、人間の友情、愛、生きる力強さをも描いています。

長い映画です。古い映画です。壮絶な映画です。
でも、私を含め、今、日本に生きている
『戦争を知らない』方々に観て頂きたい非常に優れた映画です。

『ホテルルワンダ』と同じく決して救いのない映画ではありません。
希望がある力強い素晴らしい映画です。

この記事のURL | 映画 | TB(0) | ▲ top
お勧め映画
2006/12/06(Wed)
12月に入り、冷え込みも厳しくなり
街ではクリスマスムードが高まってますが
花市場では既にクリスマスムードは無く、お正月ムード満開で御座います。

この時期、花屋はクリスマスと正月を
同時進行でやって行かなくてはならないので忙しいのであります。
そんな忙しい中、昨晩、観逃していた映画をようやくレンタルして観ました。

『ホテルルワンダ』

詳細は公式ホームぺージを見て頂ければ分かりますが
この映画の背景はアフリカ・ルワンダでの民族紛争による
1994年の大虐殺事件が背景です。

当時、私は、この大虐殺事件の映像をニュースで見ました。
鉈で次々に惨殺される人々の映像に凍り付きました。
しかし、ほとんどの方が当時のこの衝撃的なニュース映像を見ていないか
覚えてはいないでしょう。
事件の衝撃性に比べて、扱われ方は非常に小さなモノでした。

この映画は、そんな世界中で小さく扱われた虐殺事件の歴史を分かりやすく伝える事と
そこで生き抜いた一人の男の家族への愛やたくましさ、苦悩を描く事に主幹があります。

そう言う風に聞くと、退屈な社会派映画や、お涙頂戴のセンチメンタルな映画を
思い描かれるかもしれませんが、そんなヤワな映画じゃありません。
役者は実力派揃いで、脚本や音楽も良く、優れた映画と言えます。

1994年、日本ではアイルトン・セナが事故死した年と言えば分かりやすいでしょう。
そんな十数年前にアフリカで、このような民族紛争による大虐殺が行われ、
国連を筆頭に全世界の人々は当初、その事実に何の手も差し伸べなかったと言う事を
少しでも多くの老若男女にみて頂きたいと思います。

決して救いのない映画ではありません。
希望がある力強い映画です。

この記事のURL | 映画 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。