1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2006年11月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雑誌掲載
2006/11/29(Wed)
今月発売のパソコン雑誌『MacPeople 1月号』
『特集4 楽しむだけでは終わらせない!ネットショップのはじめ方』
と言うコーナーで当店のホームページが事例として掲載されています。

ネットショップを始めようと言う方へのちょっとした情報コーナーです。
購入 or 立ち読みでもして見て下さいませ。
210ページに当店が掲載されております。

以上、宣伝でした:-)

マックピープル



スポンサーサイト
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
焼肉 長田編
2006/11/27(Mon)
行きつけの焼肉屋『ポッサムチプ』が火事で
現在リニューアル工事中との事。
火事と言っても小火程度らしく、怪我人等は出なかったらしく一安心。
大将、首を長くして再開を待ってます。

と言う事で『ポッサムチプ』以外にも私のお気に入りの焼肉屋が
数店あるので今日はその中の2店をご紹介しましょう。

まづは、長田東尻池にある『牛車』
何と言ってもこのお店、朝の4時まで営業って言うのが嬉しい!
私がまだ夜遊び人だった当時、午前2時以降に行っても大繁盛!
しかしその時刻は、水商売、渡世人、タクシーの運ちゃんと言う
気質(カタギ)な人には少し入りづらい客筋でした。
※今はどうかは知りません

で、この店ではタレ系を銀シャリでガッツリ行っちゃって下さい。
しっかりした甘辛で濃厚なタレと銀シャリのハーモニーは最高です。
また、ここのお母さんがとても下町風情のあるイイ人です。
コストパフォーマンスもイイですよ!!土日祝は混んでますので要予約です!

次にご紹介するのは、その『牛車』と姉妹店(と言う噂)の『一龍』。

この店は何と言ってもタン刺、ミノ刺しが美味いです!
タン刺はタン独特の触感、適度なサシが濃厚な味わいを醸し出してます。
後は、ハラミを塩で食べるも良し、ヒモやアカセン等の白ホルモンを
タレでガッツリ行くのも良し!!
そうそう、ここのタレは『牛車』とほぼ同じお味なので、ガッツリ銀シャリ系です。

『牛車』、『一龍』どちらも美味いお店です。
ちなみに家人は、『牛車』のダウンタウンな雰囲気が苦手なようで
『一龍』の方がお好みだそうで(笑)。

焼肉ホルモン「牛車」
神戸市長田区東尻池町3-3-2
TEL.078ー671-6302

焼肉「一龍」
兵庫県神戸市長田区菅原通2-1
TEL.078-578-5230

タン刺
この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
花を活けると言う事
2006/11/25(Sat)
今日は、お花を活けたりアレンジする事について書きます。

私がお花を活けたりアレンジする時は、まずラフイメージを
頭で構成し、時にはラフスケッチを描いたりします。

そしてアレンジに挑みます。
お花を手に持ちます。おもむろに一本目を挿します。
次のお花を手にします。するとお花の方から『私はここに配置して』
『おいらはあそこに低くね!』と言う声が聞こえてくるのです。

それに従い、時には『君の居場所はどこ?こっち?あっち?』
とお花に問いかけながらアレンジして行きます。

モノと向き合い語りかけ、耳を傾ける。

これは、モノ作りをしている方々全てに共通すると考えます。
料理人は素材と向き合い、陶芸家は土と語り、ガラス工芸家は
真っ赤に焼けたガラスに問いかける。

ただでさえ美しい花をより美しく、、、
これはフローリストに与えられた使命です。

以上、堅いお話はここまで。
次のブログ記事は軽いグルメネタでもしましょうか?
グルメネタ、結構評判良かったりします。

さて、今日の一枚は、いつものように
お花に語りかけて作ったご結婚祝いのアレンジ。

初冬のアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
クリスマスアレンジ
2006/11/23(Thu)
今日も宣伝告知させて頂きます。

「あっ!」と言う間にクリスマスです。
そこで、聖夜にお花が欲しいな、、、と思ってる方に
クリスマスのフラワーアレンジメント専用のページとオーダーシートを設けました。
どうぞご利用下さいませ。

初冬のアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
クリスマスリース
2006/11/16(Thu)
今年も後残すところ一月半と思うと『ゾッ』としますね。
街はクリスマスムード全開へと加速してますね。

と言う事で、今日は宣伝をば、、、
レフアフラワーマーケットが贈るクリスマス商品2点をご紹介。

1点は、可愛いリンゴの小さめのクリスマスリース。
2点は、クールなブルーが基調のクリスマスリース。
双方アートフラワーで作られてますので枯れる事なく
来年も楽しめます。また、抗菌・防臭効果のある
光触媒加工済みですので『埃』もかぶりにくいので
お部屋や玄関先のアクセントに最適です。

オーダーメード品ですので、数に限りがございます。
売り切れ次第、販売終了させて頂きますのでお早めにお求め下さい。
オーダーは以下よりお願いします。

2006年クリスマスリース


2006年クリスマスリース
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
2006/11/13(Mon)
私が、最近読んだ書籍中ベスト1だった作品がテレビドラマ&映画化される。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

書籍サイト

ドラマサイト

映画サイト

ほとんどの方がご存じとは思いますが
2006年度の「本屋大賞」を受賞したこの作品は
アニメ「おでんくん」の原作者でもある、リリーフランキー氏の著書です。

話の内容はタイトル通り、リリーフランキー氏とオカン、時々オトンの話です。
誰もが経験する肉親との暮らし、別れ、死別を
丁寧に、本当に丁寧にリリーさんの視点で描かれています。
一言、良い作品です。
そして、その作品の映像化となれば見ないわけにはいきません!!

ドラマではリリーさんを大泉 洋、オカンを田中 裕子、オトンを蟹江 敬三。
映画ではリリーさんをオダギリ ジョー、オカンを樹木希林、オトンを小林 薫。
趣は違いますが、双方良いキャスティングだと思います。

未読の方は、是非11/18(土)放映のドラマまでに読まれては如何でしょうか?
未読のままでも、是非、ドラマ、ご覧になっては如何でしょうか?

と言う事で、今日の一枚は話題とは無縁の初冬のアレンジ。
マムのセイヴォーグが何とも言えず渋いでしょ:-)

初冬のアレンジ
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
バブル
2006/11/10(Fri)
先日、レクサスのショールームまでお花の納品をしに行きました。

想像通り、高級感溢れる雰囲気でした。
高級ブランドショップのような洗練されたショールーム、、、
スタッフ全員、白黒の制服で統一されインカム装着、、、
まるで近未来映画のワンシーンを見てるようでした。

閑話休題、、、

テレビではセレブだのヒルズ族だのと
やたらとバブルな話題が報じられ、確かにバブルを感じますが
実感はまったく私には無いです。
1990年代の平成バブルを経験した身としては
バブリィな番組や話を見ても聞いても白々しく感じます。

バブル=拝金主義。
今、日本が抱えている様々な問題の原因の一つでもあると思います。

かの宮崎 駿氏が自身の著書『風の帰る場所』の中で、、、

『もう、なんにもない奴が見せびらかしごっこをやってるみたいでしょ?
そういうことは徳目のうちには入らないんだって言う道徳を
日本人は持ってたはずなんだけど。
すっかりそう言うもんを無くして拝金主義になったんですよね。
で、拝金主義を隠して色々とコソコソとやってるよりも、
むしろおおっぴらにやった方がまだ可愛げがあるんじゃないかって言う
転換を一回やった途端にね、歯止めを失って、
怒濤のごとく拝金主義になってるわけですよ。

その歯止めをなくす瞬間は一種の快感があるんだけど、
形を壊した瞬間にね、次の形を作る能力を持たないことが発覚しますから。

だから、際限なくくだらなくなってくって言う過程が
そこには残るだけだと思うんですよね。

それは僕はやっぱり好きじゃない!好きじゃないんですよ!
どうしって言われても困るけど、好きじゃないんですね。敵意を持ってます。』

御意。

今日の一枚は、そんな話とは無関係の退職祝いの初冬アレンジ。

初冬のアレンジ
この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
黒いお花
2006/11/07(Tue)

黒いお花、好きですか?私は大好きです:-)
概して男性は黒いお花が好きではないでしょうか。
ダーク系の色調でクールにまとめたアレンジなんて
男性へのギフトには喜ばれる事間違いなしです。

黒いお花と言えば、、、
ダリア、チューリップ、コスモス、バラ、カラー等の種類にあります。

黒いお花と言っても、花の色素に黒と言うのは無く
実際は赤や紫の色素が濃く集まって黒に見えるのです。

ですから、黒いお花と白や薄いオレンジのバラを合わせると
とてもエレガントで綺麗な女性好みのアレンジが出来上がります。

今日の一枚はそんな黒いお花『ホットチョコレート』と言う名のカラーを
使ったクールで渋い秋アレンジです!!とても素敵な役者さんの楽屋花として。


ホットチョコレートのアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。