1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2006年03月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
神戸旨いもん処 焼肉編
2006/03/31(Fri)
皆さま、焼肉はお好きでしょうか?
私は大!大!大好きでございます。

まぁ、家計と健康の事情を考慮して
月に一度行くか行かないかですが
本当の所、週一のペースで行くのが夢です。

焼肉と言えばまずは『生もの』ですよね!
生レバーに生センマイ、ユッケ等々
私の場合、欲求に任せてしまうと生ものだけで
お腹が一杯になる程、生ものが好きなのは
自重しなければいけません。(苦笑)

そしてお次は『塩もの』
、、、と言えば塩タンですが
最近はBSEの騒動以来未だに良いタンに巡り会えません。
ですから塩タンはパスして塩カルビ、塩テッチャン、
塩アカセン、塩ハラミ等々。

ああ、言い忘れてましたが
焼肉の時に飲むビールも最高ですね!
グビグビ行っちゃいます!
で!適当な所でマッコリに移行と言うのが王道かと。

そしてメインディッシュの『タレもの』
ここまで来れば、その日のお腹とお財布に
相談しながらの注文です。
ハラミにカルビ、テッチャン、アカセン、カッパ等々。
タレの時は勿論、白ご飯を頂きます。

で、最後の〆は冷麺もしくはスープかと!

あ~、、、書いてると焼肉食べたくなって来た。

あぁ、肝心なお勧めの神戸の焼肉屋の紹介でしたね(苦笑)

私がお勧めするお店はJR兵庫駅にほど近い
『ポッサムチプ』と言うお店です。
私自身、数年、焼肉の激戦区大阪の鶴橋、
生野等々を食べ歩いた口の持ち主ですが
そんな私の口が保証します!!
『ポッサムチプ』は旨い!!そして勉強熱心!!

神戸で美味しい焼肉が食べたければどうぞ
『ポッサムチプ』で今日のお勧めなんぞを
店主に聞きながらどうぞ!!

『ポッサムチプ』
兵庫県神戸市兵庫区駅南通1-2-20
TEL.(078)681-8888

焼肉


スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
神戸旨いもん処 うなぎ編
2006/03/30(Thu)
レフアフラワーマーケットの代表である私は
旨いモノに目がありません。旨いモノを食べてる時に
死ねたら本望とまで思うほど旨いモノが大好きです。

今日はそんな旨いモノ好きの私がお勧めする
鰻屋さんを紹介します。私、鰻好きで神戸・京都・大阪の
旨いと評判の店へ色々と行った結果、
10年間私的評価ナンバーワンのお店は
神戸元町にある『うな重(うなしげ)』でございます。

ここの鰻は関西風のパリッとした香ばしさが売りです。
その香ばしさに負けないよう甘辛なタレが絶妙に合います!
そして、鰻を一口二口頬張った後に吸う肝吸いがまた
鰹がガツンと効いていて力強い関西風鰻と合うのです!

『鰻』→『ご飯』→『肝吸い』
このトライアングルで食すのは至高の喜びと言えましょう。

皆さん、神戸元町にお寄りの際は是非どうぞ!!

『うな重』
兵庫県神戸市中央区元町通2-5-14
TEL.(078)332-1271

鰻

この記事のURL | グルメ | TB(0) | ▲ top
アートフラワー
2006/03/28(Tue)
本家HPを更新しました。
アートフラワーのサンプルを追加しました。

アートフラワーと聞いて「造花でしょ!」と軽く見てはいけません。
レフアフラワーマーケットで使用しているアートフラワーは
厳選されたモノのみを使用しております。
フランスでは、生花と同様人々の生活の中にとけ込み愛されています。
これが造花!?って驚くほど精巧なのです。
ですから、手前味噌ではありますが顧客満足度は100%です。

アートフラワーのアレンジは手軽なプレゼントとして最適です。
手入れが要らず、枯れず、衛生的なので病院の見舞いや
訪問時の手土産に重宝されております。

以上、宣伝でした。
次からの更新は私の大好物の焼肉や鰻、
餃子の話しなんてしたいです。

アートフラワー
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
プロの道具
2006/03/23(Thu)
フローリストとして一番大事な道具・・・
それは『鋏(はさみ)』です。

はさみの切れ味が悪いと花の茎を潰してしまい
切り花の寿命にも影響します。

同業の皆さんも色々とこだわりを持ってらっしゃるようで
色々なはさみを使ってらっしゃいます。

私も修業時代から色々使ってきましたが
今はこれに落ち着いています。
本来は園芸用ですが、弱い茎でも堅い枝モノでも
スパッと切れます、また切れ味の衰えも少なく良い感じです。
興味ある方は坂源までどうぞ。

はさみ
この記事のURL | 物欲情報 | TB(0) | ▲ top
フラワーギフトボックスアレンジ
2006/03/21(Tue)
久々の更新です。
卒業式、歓送迎会、店舗模様替え等々でバタバタしておりました。

そんな中、先日、友人から「うちの嫁さんが誕生日やから」と
お花の注文を受けました。サプライズと言う事なので久々に
ボックスアレンジを作ってあげました。

ボックスアレンジは今では良く見かけるようになりましたけど
何も知らない受け取り主にとってはやっぱりサプライズです。

プレゼントだと言う事でワクワクしながら箱のラッピングを解き
箱を空けるとそこにはぎっしりと可愛いお花達が!!

勿論、友達の彼も奥様も大喜びでした♪
やはり、花を贈るって良い事です、他のプレゼントには無い
目に見えない力がお花にはあると確信しています。

もっともっと多くの人々に『花のある暮らし』を
お届け出来るよう努力して参ります!よろしくお願い申し上げます!

追伸、、、
WBC、日本世界一!!素晴らしい!!良い試合でした!!
代表選手の皆様、感動をありがとうございます!!

ボックスアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
新製品プリザーブドフラワーアートフレーム
2006/03/14(Tue)
去年のクリスマス商品として限定発売してご好評を頂いた
プリザードフラワーアートフレームを定番商品にしました!!

最高級のプリザーブドフラワーを
ハート型にアレンジした木製アートフレームです。
そしてガラス面にはあなたのオリジナルメッセージを印刷してお届けします。

世界中でたった一つしかない大切な方へのプレゼントにピッタリです。

完全受注製品のため納期は約10日となっておりますので
お早めにご注文下さい。

プリザーブドフラワーアートフレーム

この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
仕事の流儀
2006/03/08(Wed)
好きな番組がある。
それはNHKで放映されている『プロフェッショナル・仕事の流儀』である。

この番組は毎回、各界のプロフェッショナル達が登場し
その苦悩や達成、生き様を描くと言うとても良い番組です。

今回の主人公は左官職人の挾土秀平さん。

私も花職人、同じ職人として凄く共感できました。

挾土さんは「職人は臆病であれ」と言う。
仕事を始める前、途中、後、常に「これで良いのか?」「大丈夫か?」
「土壁にヒビが入らないだろうか?」とドキドキしっぱなしらい。

私もフラワーギフトを制作する時はドキドキしっぱなしです。
「お客さまの意向は汲めているだろうか?」
「お客さまに喜んで頂けるだろうか?」
「お花の美しさを生かしきれているか?」
等々、常に頭を巡ります。

昨今のプラス思考、ポジティブシンキングも大事でしょうが
それだけでは不十分ではないでしょうか。
自分なら出来ると言うプラス思考に裏付けされた
『臆病』さが必要だと感じます。
『臆病』すなわち『謙虚さ』ではないでしょうか。
『謙虚』な心を亡くして物作りはなし得ないと思います。

そして挾土さんはこうも言います。
『自分が納得いかないものは、絶対に引き渡さない』

施主の気にしない、髪の毛程のヒビでも何度も
何度も自分が納得行くまでやり直す。
勿論、やり直しの費用は身を削り、持ち出し。

『時間がない中で、60%の出来で逃げた方が良いのか。
引き渡しの期限が延びて、施主が怒っても100%のことを
最後までやった方が良いのか。それは後者に決まっている。
恨まれても、あとで喜ばれる』と言う。

正しく職人は、かくありたいものです。

さて、今日の一枚は桜のアレンジ。
最近の陽気だと、このアレンジも一両日後には満開です。
お弁当を持って出かけたくなる季節が間近です:-)

桜のアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。