1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 2005年12月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
もう幾つ寝ると・・・
2005/12/28(Wed)
お花屋さんは本日28日が最終仕入れとなります。
後は、数件の最終活け込みと撤去。
迎春フラワーの制作と配送で仕事納めとなります。
ふぅ、、、何とか今年も無事過ごす事が出来そうです。

これもひとえにお客さまのお陰で御座います。
このブログを読まれてるお客さま、この場を使い御礼申し上げます。
そしてこのブログを読まれてる皆様、レフアフラワーマーケットは
常にお客さまの暮らしにお花を添えて少しでも幸せな気分を
提供できたらと考えております。
そのためのお手伝いを誠心誠意させて頂きます。

今年はお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

追伸、、、
私、焼肉星人なのです。
ですので昨日は私のお気に入りの兵庫の焼肉屋さんポッサムチプに出撃!!
が!大好物の生レバーが無いとの事!!
数日前が肉の卸の最終日だったそうで、、、とほほほ。
けど、流石に美味しかった!!焼肉、久々に堪能しました!!

今日の一枚は迎春用アレンジ花材、今や定番のキク『シャムロック』

迎春用アレンジ
スポンサーサイト
この記事のURL | お花のお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホワイトクリスマスもほどほどに・・・
2005/12/25(Sun)
現在12月25日夕方、、、
ようやく怒濤の花屋のクリスマスの幕が落とされようとしている。

今年は大変だった、、、と言うのは先日からの大寒波である。

22日朝の活け込みの帰路、朝から降り出した雪が見る見る間に
積もって行く、、、スリップしている車、路側で右往左往している車
バスやタクシーまでもが坂道で停滞している。

そんな中、当然ノーマルタイヤの私の車もやばい、、、非常にやばい!!
しかし後の業務にも支障を来すので這ってでも帰らなければならない!!

歩く程の速度とノーブレーキ操作で亀のごとく帰路に着いた後
フラワーギフトの発送を何時のようにヤマト運輸に連絡した所、、、
『悪天候等の影響により、荷物の遅延が発生しております』
『何時届けられるのか分かりません』

大手運送業者の杓子定規な対応にブチ切れたくなるが
ブチ切れた所でどうしようもない。今、レフアフラワーマーケットとして
ご注文を頂いているお客さまに出来る最善の努力をするのが先決かつ重要。

ヤマト運輸センターの情報は信用できず!と何時もお世話になっている
ヤマトのドライバーさんに生の現状(道路状況)を聞き、遅延が予想される
贈り主、お届け先などにご連絡&ご説明&花のケア。

お客さまのご理解の元、ヤマト運輸の現場のドライバーさんのお陰で
何とか事なきを得ました。関係者皆様、ありがとうございました。
メリークリスマス♪

、、、、、そして明日26日からは謹賀新年モードへと!!

迎春用アレンジ
この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花屋の喜び
2005/12/22(Thu)
花屋の喜びはまだあります。
それは心を奪われるような綺麗な花に出会った時です。

SMAPの歌ではないですが、どの花もみんな綺麗です。が、
その中でも際だったオーラを出してる花に市場で出会うときがあります。
そんな時は早起きの眠気も吹っ飛びます!

そんな花が市場に出回るのは優秀な生産者さんのお陰です。
こだわりを持って花を栽培なさってるからです。

そんな大事に育てられた綺麗な花を扱うときは背筋がピンッと伸びます。
アレンジや花束を作る際には、大切に扱いながら
「お前は何処に入りたい?」
「どの方向に顔を向けたい?」
「どの子とパートーナーを組みたい?」
なんて花に耳を傾けながら制作します。

今日の一枚は、そんな素敵な花、薔薇ペクトルのクリスマスアレンジ

クリスマスアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花屋の使命
2005/12/20(Tue)
先日、東京の花屋さんジャルダン デ フルールの東氏をテレビにて拝見した。
そのテレビの中で一人の男性のお客さんが彼女(嫁さん?)の
バースデーアレンジを注文していた。

そして彼女の誕生日当日、バースデーアレンジをテーブルの上に置きながら
「誕生日だからお花を観ながら食事しようと思って」と男性。

彼女はお花を見つめながら感激して涙をホロリ、、、。

これです!この瞬間が花屋をしてて最高の瞬間なのです!!

人が大切な人にお花をプレゼントすると言う事は
他の物をプレゼントすると言う事とは
込められた「思い」が違うと思います。

それが花を贈られた人の心に届いた瞬間、人は感動するのだと思います。

心を込めて作ったお花で贈る側も贈られる側も感激して下さる!
その瞬間を目の当たりにする事は少ないのですが
目の当たりに出来た時や後日お礼を言って頂いたときに
「あぁー花屋をやってて良かった」と心から思うのです。

これからもお客さまの思いを大切に
一人でも多くのお客さまの笑顔が見れられるよう
精進して行きたいと帯を締め直した次第であります。

今日の一枚「アダルトなクリスマスアレンジ」

クリスマスアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花屋の師走
2005/12/19(Mon)
師走真っ盛りの中、皆さん如何お過ごしでしょうか?
彼氏、彼女、旦那、奥方へのクリスマスプレゼントは準備万全でしょうか?
年賀状は書きました?甥っ子、姪っ子へのお年玉の準備は?
クリスマスディナーの準備、正月食材の買い出し準備は済ませましたか?

そんな日本中の誰もが慌ただしい師走、、、花屋さんも慌ただしいです。
何がって、それはクリスマスギフトと正月ギフトの両方を
仕入れ&制作しなければならないからです!!

一日の中でクリスマスモードと正月モードを
何回も頭を切り換えるのって結構大変なんです。

でもってクリスマスまで後5日!!
クリスマスギフト制作&出荷のピークを迎えようとしております!!

でもって今日の一枚は「小さなお嬢ちゃまへのクリスマスアレンジ」

クリスマスアレンジ
この記事のURL | お花のお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスイルミネーション
2005/12/17(Sat)
今!個人宅のイルミネーションが熱い!
夜、車を走らせてると凝ったイルミネーション装飾をしているお宅を数多く見かける。
去年よりも確実にその数は多いと思われる。

そんな中、私の自宅の近所の住宅街一角が凄い事になっている!!
神戸のクリスマスイルミネーションと言えばルミナリエなのだが
この一角はプチルミナリエ状態と言っても過言では無かろう。
地元のちょっとしたデートコースにもなっている。

各お宅がイルミネーションを競っているようでとてもじゃないけど
個人家庭で楽しむイルミネーションの域を超えてしまっている、、、
イルミネーション装飾費と電気代は如何ほどのモノなのだろう、、、
月の電気代を見る奥方の気持ちはどのようなモノなのだろう、、、
こう言うイルミネーションに凝るのは十中八九、旦那に決まっている。
きっと旦那は奥方の白い目をよそにイルミネーションに情熱を注いでいるのであろう。

その情熱に乾杯と拍手とエールを贈ります!!

場所に関しては地域住民のご迷惑を配慮して詳しくは述べませんが
須磨区南多井畑町周辺です。
ドライブする際はくれぐれも騒音、吸い殻等のゴミは厳禁ですよ!!

イルミネーション

この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
クリスマスプレゼント第二弾!
2005/12/09(Fri)
レフアフラワーマーケットがお届けするクリスマス商品第二弾!!

プリザードフラワーアートフレーム

最高級のプリザーブドフラワーをハート型にアレンジした木製アートフレームです。
そしてガラス面にはあなたのオリジナルメッセージを印刷してお届けします。

世界中でたった一つしかないクリスマスプレゼントです!
レフアフラワーマーケット今年一押しの商品です!
大切な人への贈り物に壁掛けのお洒落なアートフレームは如何ですか?

クリスマスリースアップ

この記事のURL | お花のお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お花のクリスマスプレゼント
2005/12/06(Tue)
クリスマスプレゼントを探してる方へ、、、

レフアフラワーマーケットより数量限定の
クリスマスツリーアレンジメントを予約販売致します。

大人気のツリータイプのアレンジです。
レフアフラワーマーケットでは高品質な花材をたっぷり使用して
クリスマスに相応しい高級感溢れるフラワーギフトに仕上げております。

数量限定ですので、ご注文はお早めにどうぞ!!

2005クリスマスツリーアレンジメント

クリスマスリースアップ

この記事のURL | お花のお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しめる時代小説
2005/12/03(Sat)
私は本好きなのですが、ここ数年良い本との巡り合わせが良くないです。
本好きな人は書店に行けば装丁を見ただけで
良い本を嗅ぎ分ける嗅覚がつくものです。
しかし、嗅覚が鈍ったのか冒頭にも書いた通り
なかなか良い本と巡り会えませんでした。
が!先日、久々に良い本と巡り会いました!

その本は小説です。時代物です。
人情ものであり、軽い推理小説でもあります。
しかも様々な妖怪達も登場します。

江戸で有数の回船問屋と薬種問屋の病弱な跡取り息子の一太郎が偶然
殺人事件に巻き込まれ人には見えない妖達と一緒に犯人を
推理し立ち向かって行くと言う簡単なお話。

この本を読んでると江戸庶民の情緒が感じられます。
そして妖達のキャラクターも楽しめます。
サクサク読めて楽しめて、ちょっとジーンとしたりしんみりしたり、、、そんな本です。



私的お勧め度 ★★★★★
この記事のURL | 書評 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。