1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 ラン
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第33回神鍋高原ハーフマラソン
2012/08/30(Thu)
先日、神鍋高原ハーフマラソン大会に出場してきました。
今年で33回目になる歴史あるこの大会は
夏の神鍋高原の大自然を満喫出来る私の大好きな大会の一つです。

当日は朝から暑く、8時半スタートの時点で既に30℃近い気温!
レース中、熱中症で、救急車4台、ドクターヘリ2台が出動する
過酷な大会となりましたが、酷暑でタフなコースの中
1時間55分でゴール出来ました。

神鍋高原ハーフマラソン


去年の神戸マラソンから9ヶ月ぶりの大会。
いやぁー、やはりマラソンはきついです。
真剣に走るとホント、体力と気力の限界を試されます。

それはさておき、この大会は応援している家族への
ホスピタリティーの高さも定評があります。

但馬牛、よーく冷えたスイカ、ヤクルト
プチトマト、虹鱒の塩焼きのふるまい。

そして何と言っても子供が喜ぶのが虹鱒のつかみ獲り。
獲った魚は目の前で焼いて食べさせてくれます。
ゴール後の私もつかみ獲りに参加して
家族4人仲良く塩焼きを食べました。
これがまた美味しいんですよ♪

神鍋高原ハーフマラソン


今年も大好きな神鍋高原ハーフマラソンで走ることが出来て
本当に幸せを感じてます。また来年も走るぞ!!
スポンサーサイト
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
ロング走
2012/07/30(Mon)
暑いですねー!!
この暑さの中、先日の日曜日、
30km走を遂行すべく早朝5時より家を後にしました。

この時期の5時は既に明るく陽が昇り始めてます。
でも空気がまだ澄んでいて気持ちよく汗をかきつつ走れます。

が、しかし!それも束の間、次第に太陽がジリジリと肌を照りつけ
汗が噴き出すように流れ始めます。
私だけではなく、行き交うランナー達も暑による苦しさで顔が歪んでます。

持参していた500mlのスポーツドリンクを20km地点で飲み干して
25km地点にある100円自販機まで歯を食いしばり走り続けます。

ようやく辿り着いた25km地点で飲むドリンクの美味しさったら
表現できない程の美味さ!!五臓六腑どころか身体中に染み渡ります。

で、この時期ロングを走りきって
ボロボロになって帰宅した後、私に言う家人の一言。

「死ぬで、あんた」

いや、確かにこの時期のロング走は、死にそうな程の行為なんだけどね
これをすると夏バテ知らずなんだよね。
毎年の猛暑でもモリモリ食べてガブガブ飲めて熟睡して毎日元気に過ごせます。

さぁ!8月末の神鍋高原ハーフマラソンまで後2回はロングこなしたいなぁ。

アジュール舞子

いつものロングコース20km地点。アジュール舞子。
神戸マラソンではここが折り返し地点です。




この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
神戸マラソン
2012/07/05(Thu)
神戸マラソン、、、落選しました。

モチベーションは下げ下げです。

私はラン友はおらず一人で黙々と走るジョガー&ランナーなのですが
それでも周りに神戸マラソンにエントリーした人が数人居ます。

その人達も全員落選。

当選した!!と言う人に未だに会ってません。
倍率4.2倍って言うけど、私の周りの倍率で言うと10倍な感覚です。

今回の大会は大阪マラソンと同時開催なので
二つ共に当選した人はどちらかしか走れないので
神戸マラソンの棄権者も多く出るかと予想してます。

繰り上げ当選を祈ります。

っても、繰り上げ当選の連絡って9月なんですよね、、、。
今は繰り上げ当選を信じて神戸マラソンに向けて練習します。
でも、まずは8月終わりの神鍋高原マラソンに向けて頑張ります。

さて、今日の画像はアンスリウム。
このお花、夏の代表のような南国ムード満載のお花です。

が!しかし!

暑さに強いと言うイメージのこのお花ですが
品種によって花保ちがかなり違います。
一週間も保たない品種もあれば、一ヶ月近く保つものもあります。

花保ちの良い品種は夏場の活け込み花材としては重宝します。

アンスリウム
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
ランニングシューズ
2012/04/29(Sun)
このシューズはいつ買ったんだっけ?

今朝、気がついたらこんなにソールがすり減ってた。
アウターソールは完全に無くなりインナーソールも無くなりかけ。

そうそう確かこのシューズは去年、夏の終わりの神鍋高原マラソンで下ろした。
そして神戸マラソンもこのシューズで走った。

勿論、日々のジョギングでも履き続けている。

ちょうど半年、、、距離にすると800km程度。

シューズメーカーから言わせてもこの後はクッション性が落ちて
怪我の可能性が出るので履き替えの目安だと言う。

様々な想いと一緒に走ったこのシューズ。

直ぐには捨てず、あと少しだけ履いて走ることにします。

ストレリチア


母の日
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
走ると言う事
2012/01/24(Tue)
一昨日、NHKで被災された東北のランナーの方々がクローズアップされていた。
その中の一人、福島に在住の小学生の子供を持つ女性ランナーが言っていた

「心の平然を保つために走る」
「走っている時は不安、心の葛藤から解放される。
 そうすると色んな人に優しくなれるし、何より気持ちが明るくなる」

と話されていた。

とても良く分かる。
私も走っていると思考がどんどんシンプルになり
心が解放される感覚になる。

そしてもう一人の男性ランナーは震災後、津波でランニング用品が
流されたのでジョギングが出来ないと言う以前に
がれきの中を走る気になんて到底なれなかったと話される。

やがてとある雄志ランナーの呼びかけのもとに
被災されたランナー達へ日本全国からランニング用品が届き始めた。
当然、走る気になれないと言うランナーの方にも届いた。

その方は話す。

「支援の恩返しをするため、全国のマラソン大会に
 出場し感謝の気持ちを伝えたい」

奇しくも今年の3月11日に大型都市マラソンの京都マラソンが開催される。
実行委員は被災地枠として260人が設けられた。
しかし被災地からの応募はその6倍にもなったと言う。

マラソンに出場する市民ランナーは様々な想いを心に抱き走る。
私も走った神戸マラソンでも被災地からのランナーの方々が多くいらっしゃった。
皆、強い気持ちを持ち走ったに違いない!

3.11 京都マラソンを走る被災地のランナーの皆さん応援してます!!

マイランニングシューズ


この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
神戸マラソン後記
2011/11/26(Sat)
オールスポーツの神戸マラソン写真がアップされた。
さすが都市型大規模マラソン、普段の大会の3倍以上の画像枚数。

写真を見ていると神戸マラソンの感動が蘇ってくる。

16年前に震災によりズタズタになった神戸の街。
一生悲しみの消えない被災者の方々もいる一方
街は震災の影も見あたらないほど復興した。

そんな神戸の街を東北からいらっしゃった
600人のランナー達と一緒に走る事に深い感慨をおぼえた。

録画していた神戸マラソンの映像を見ると
東北のランナーの方が、、、

「こんなに美しい街を走る事が出来て嬉しいです。」
「そして私の街もきっとこのように美しく復興が出来る事を信じてます。」

とおっしゃっていた。

マラソンは皆、何かを背負って走る。
神戸マラソンはその想いがより一層強いランナーがほとんどだろう。

走ってて感じた事がある、、、

ランナー、沿道で応援してる方々、ボランティアスタッフの皆様、
そして街全体が一体となって神戸マラソン出来上がってるのだと。

振り返って見ても本当に素晴らしい大会だった。
私が走り続ける事が出来る限り神戸マラソンに出場したいと思う。

ありがとう!!神戸!!

神戸マラソン

苦しい40km地点、神戸港をバックに走れる絶景ポイントのしおさい公園より。
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
第一回神戸マラソン
2011/11/21(Mon)
日曜日、お休みを頂いて
第一回神戸マラソンに出場して来ました。

ファンランに徹して色々と写真を撮りながら走ろうと思ったのですが
Bブロックから走る私の周りは真剣走りのランナーばかりで
写真を悠長に撮る雰囲気ではなく流れに乗って走り続け
とうとう途中の写真は一枚も撮れなかったので
スタート地点の画像のみでレポートします。

スタート地点は神戸市役所前。

神戸マラソン

朝の7時、封鎖されたスタート地点のフラワーロード
警察官も続々と出動し、何だか厳戒な雰囲気です。

神戸マラソン

普段は神戸のメイン道路であるフラワーロードに車が無いのは
当然ながら初めて見る光景です。なんだか不思議な気分。

神戸マラソン

こりゃ珍しい風景だとボランティアスタッフにお願いしてパチリ。

神戸マラソン

8時にもなるとぞろぞろとランナーが集まり出します。

神戸マラソン

そして神戸マラソンスタートイベントが始まり
最後に阪神淡路大震災で亡くなられた方々に黙祷。

そして午前9時号砲!!
延々とランナー達が連なります。

神戸マラソン

さて、以下から神戸マラソンのコースレポートです。

スタート~10km

暫くは市街地を走ります。
思ったより道幅は広く走りよいです。

10km~30km

10kmを超えると海岸線に出ます。
復路往路の二車線の上に自動車用レーンも設けられているので
道幅が狭い!!かなりストレスを受けます。

が!しかし!そんな事を吹き飛ばしてくれるシーサイドビュー!!
海上では大漁旗を掲げた数十隻の漁船が応援してくれてます。
粋な計らいに思わずホロリときました。

昨日は最高の天気だったので
輝く水面に大漁旗が風に棚引き本当に美しかった。
今回のマラソンで最高の景色でした!!

30km~35km

神戸マラソンコース、失礼ながら最も地味なコース。
しかもフルマラソンで辛くなり出す30km地点なので尚更つらい。
ただ、応援が途切れないので声援を力に代えて走ります。

本当にこの地点の声援は嬉しかった!!
マジで力になりました!!
何度、沿道の皆さんのハイタッチに助けられた事か!!

35km~ゴール

ここから神戸マラソン最大の難所、浜手バイパス&神戸大橋超え。
いやもうね、、、中々タフな登りです。
ここで心が折れるランナーが多い事、多い事。

そしてポートアイランドに入ってゴール!!
と、思いきや、更に4km程走らなければいけません。
ここもね、、、ボディーブローのように効きます。
ただ途中のしおさい公園は、これまた海を右手に走れる絶景ポイントが最高です。

そして3時間50分でゴール!!

と言う事で、待ちに待ち、楽しみだった、神戸マラソンが終わりました。

総評すると、距離表示の見にくさ、ルートの狭さ、イベント運営の稚拙さ、等々
運営サイドの今後の問題点はあると感じましたが
そんなものを吹き飛ばす地元の皆さんの応援!
ボランティアスタッフのホスピタリティの良さが際だってます。

結果、私的に過去、一二を争う最高のマラソン大会でした。

最後に応援して頂いてた皆様、ボランティアスタッフの方々
そしてマラソンを続けるのを見守ってくれている家族に感謝!!
この記事のURL | ラン | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。