1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 書評
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
車いすランナー伊藤智也さん
2012/08/24(Fri)
文才豊かな女優、酒井若菜さんのエッセイ「心がおぼつかない夜に」
眠れない夜、悲しい夜、寂しい夜、不安な夜に読んで欲しいと言うものである。

そう言う人たちは今の世の中、多くいらっしゃるでしょう。

そんな人たちにこのエッセイとは別に
是非、知っていただきたい事があります。

それは、先にもご紹介しました北京オリンピック二冠の車いすランナー伊藤智也さん。
今月末より始まるロンドンパラリンピック
100m、200m、400m、800mの前人未踏の四冠へ挑みます。

伊藤さんは先にも書いたように多発性硬化症と言う難病と日々戦ってらっしゃいます。
普通の人より疲れやすい身体、体調不良の日々も多くあり、それでも休まず練習をし続ける。
激しく動くほど病気が進行してしまうのにもかかわらず。

伊藤さんは言います。

「生きた証を残したい」
「人の心に残る人生は素敵だと思う。」

このようにいつも前向きでタフでユニークな伊藤さん。
それでもやはり一日が終わり寝る前は不安になると言う。

「明日の朝、今日と同じように起きることが出来るか?」
「明日もまた生きていられるか?」

その伊藤さんは今月初めに病気が再発
今までに無い程、かなり深刻な状況に陥ったようです。

それでも伊藤さんはロンドンに発つ前にブログで言ってます。


BIGレースをお見せするために、いよいよ出発です

これまで皆さんの多くの声に支えられてここまで来ました

本当に 本当に、ありがとうございました!!

男、伊藤智也の魂の走りを是非見てください

今、すごく冷静な気持ちです

理想的な体ではありませんが

理想的な走りはイメージできています

センターポールに必ず日の丸を上げます

世界中に君が代を聞かせて見せます

そして皆さんで大いに笑いましょう

私は泣くかも(笑)

魂の火はわが命の力でもやす!

では皆さん覚悟を決めて、行ってきます!!



8/26 (日) 16時 NHK教育「まもなくロンドンパラリンピック開幕 世界に挑む日本選手」
伊藤選手の密着取材の模様が公開されるようです。
是非、ご覧ください。

そして本番でも応援お願いします!!
伊藤さんから逆にでっかい勇気と力をもらえます!!

レース日程はこちら↓
http://ito-tomoya.com/news/london-schedule/

テレビ放送予定はこちら↓
http://www.nhk.or.jp/sports2/coming/olympic.html
スポンサーサイト
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
UTMB
2012/06/24(Sun)
今年の5月、日本で初の100マイルトレイルレースが開催された。

そのレースは「ULTRA-TRAIL Mt.FUJI」

48時間以内で富士山麓156kmを一周すると言うもの。

先日、NHKでレース内容が放映されていたが
100マイルトレイルと言う過酷なレースの上に
かなりハードなコース内容でランナー達の多くは地獄の行脚の様子だった。

コース内容は富士山を見られるポイントが少ないので不満の声も聞こえるが
テレビで写るコース映像は美しかった。

是非、来年は私もエントリーし、自己の全ての体力、精神力をかけて
素晴らしい景色の中を走りたいものです。

そして今年の8月には「ULTRA-TRAIL Mt.FUJI」の生みの親でもある
「Ultra-Trail du Mont-Blanc」が開催される。

このレースはモンブラン山脈をぐるっと一周
仏、伊、スイスを股に掛けて走る世界一過酷と言われる100マイルトレイルレース。

昨晩、録画してある去年のレースを見直したけどやっぱ絶景!!
参加資格は年々厳しさが増すけど、、、出てみたいなぁー!!


The North Face® Ultra-Trail du Mont-Blanc® 投稿者


この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
母の日
2012/05/08(Tue)
母の日のフラワーギフト。
10日(木)・11日(金)のお届け分のご注文受付終了しました。

ご注文頂いたお客さまは、お届けまで楽しみにお待ちくださいませ。

残り12日(土)・13日(日)分、完売まであと僅かです。

滑り込みのご注文、今なら間に合います!


母の日
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
パワースポット
2012/03/22(Thu)
人を癒す力があるとされるパワースポット。

そう言う事に関心があまりない私。

でもトレイルラン(山走り)をしていると
明らかにロードを走ってるのとは違う感覚。
疲れ方がロードと山では違う。

使う筋肉が違うと言うフィジカルな事でなく
精神的な疲労感が違う。言葉にすればちんけだけど
山のオーラを感じる事による違いかと思う。

そして、トレイルランをしている時以外に
所謂、スピリチュアルなものを感じるところがあります。
そう、そう言う事に関心がない私でも。

それは奈良の大神神社。

三輪山を御神体としているので
関西の人達は親しみを込めて三輪さんと言う。

ここの薄暗くて広大な参道を歩いてるだけでも
ゾクゾクっとしたものを感じます。
私のようにスピリチュアルな事に関心が無い人でも
ここは荘厳なので参拝すると気持ちが良いです。

パワースポットに興味があって
まだ大神神社に行った事が無い方にはお勧です。

そして大神神社さんの参道入り口にある
茶店の煮麺と柿の葉寿司は何気に美味いので
これまたお勧めです。

大神神社





この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
お金の話
2012/02/23(Thu)
現在、国会が開催されている。
社会保障と税の一体改革と言う名のもとに
民意不在の話し合いが行われ施行されようとしている。
国民の幸せの為にはお金が必要、
その為に国民に更なる負担を押しつけると言う本末転倒な話。

10年前、小泉政権の時、首相は言った。
「より良い社会実現の為に改革の為に国民も血を流して頂きたい」

首相に聞きたい。
いつまで我々は血を流し続けなければいけないのだろう?

原発事故の対応に関しても未だに国民の人権に目が向けられず
事故に絡む経済=金の事ばかりに目が向けられている。

そこで城南信用金庫をご存じだろうか?
城南信用金庫は脱原発宣言を掲げた金融機関である。

理事長である吉原毅さんはお金についてこう話す。

「お金って何だろう、それは得体の知れないモノ。
お金に関して今まで様々な考察があるが
今の世の中はそう言う考察をないがしろにして
「お金は大切なんだ」いきなりそこからスタートして
お金に支配されているのが問題。」

「そこでお金の本質というモノを考えて
そして健全な社会と言うモノは何か
人間の理想の基にお金をコントロールして行かなければならない。」

私は思う、、、日本と言う国は原発事故収束と言う途方もなく
時間とお金のかかる現実から従来の資本主義社会と言うのを考え直すべきだと。

岩井俊二監督「friends after 3.11」よりセレクト。
吉原毅さんのお話は4:56~です。

岩井俊二 friends after 3.11 飯田哲也 吉原毅... 投稿者 plutoatom

この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
ディズニー
2012/01/31(Tue)
ディズニーリゾートへの旅行を計画した途端、
暗礁に乗り上げたのは下の記事にも記した通り。

が、しかし!

実は私には強力なディズニーマニアの友人が居た。

その友人は忙しい中、事細かにディズニーリゾートの
歩き方の指南をし続けてくれている。
ありがたい!本当にありがたい!!

と言うか友人のディズニーリゾートの話を聞いていると
ディズニーリゾートでの遊び方のポイントを知っているのと
知っていないのでは、、、

ワインを飲まずにフランス料理を食べているようなもの。
河豚を食べに行って雑炊を食べずに帰るようなもの。

要するにディズニーリゾートを堪能出来ないのである。

恐るべし!ディズニーリゾート!

そして、その友人から一冊の雑誌が送られて来た。

知ってる人はそりゃ知っているだろうが
「ディズニーファン」と言うこの雑誌は全てがディズニー記事。
しかも雑誌業界低迷期の中で月刊誌として刊行され続けている。

ディズニーの話題だけで月刊誌を発行し続ける事が出来ると言う事は
ディズニーリゾートがそれだけ話題が豊富だと言う事であろう。

そして老若男女を魅了し続けるディズニーリゾートは
陳腐化せず常に進化し続けていると言う事なのだろう。

今回のディズニーリゾートの家族旅行は
夢と魔法の国を思いっきり満喫しつつ
究極のサービスと言うものを勉強させてもらおう。

ディズニーファン
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
日本酒
2012/01/05(Thu)
私は美味いものが大好き。
と、同時に美味いものを食べながらお酒を飲むのも大好き。

食べ物と合わせるお酒ならワインか日本酒が筆頭だが
私は日本酒はあまり馴染みが無くもっぱらのワイン党だった。

イタ飯の前菜を白で流し、メインのホロホロ鳥のソテーを
赤でやっつける時なんて至福の喜びを感じる。

イタリアンやフレンチでワインを頼んでない人を見ると
下戸の人には大きな要らぬお世話ながら
「ワイン合わせんでどーすんの!!」と思ってしまう。

が、しかし、そんな私が去年から日本酒も好きになった。
刺身を冷や酒で流し、おでんや鍋を燗酒でやっつける時
美味すぎてにんまりと笑ってしまうようになった。

で、私が日本酒が好きになるきっけになったお酒が
秋鹿酒造のあらしぼり生酒。

叔父の知人が蔵元だとかで去年の暮れに初めて頂いたのだが
年に一回、年末に出荷されるこの濁り酒は
とてもフルーティーですっきりした味わい。

鍋に合わせても良いけど
マッコリに近い味わいなのでおそらく焼肉にも合うかと思う。

その秋鹿酒造のあらしぼり生酒。
今年も叔父より送られて来ました♪

飲むのが楽しみ~!!
何と合わせようかなぁ~!ムフフフフ。

秋鹿酒造あらしぼり生酒
この記事のURL | 書評 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。