1 2 神戸のフラワーショップ「レフアフラワーマーケット」店主の徒然草 雑感
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブログ引っ越ししました!
2012/10/25(Thu)
ブログを引っ越ししました。
引っ越し先はこちらです。

神戸の走る花屋の徒然草

現在HPフルリニューアルと同じツールでブログを構築しました。
過去の記事にリンク切れやおかしな点があるかもしれませんが
それはご愛敬って事で(苦笑い)
では今後ともレフアフラワーマーケットをよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
ウェブベースサービス
2012/09/21(Fri)
現在、HPのリニューアル作業に入ってます。
HPを制作するにはまずサイトマップを制作するのが要です。

サイトマップは手書きでも良いんですが
古くはVisioに代表される作図ツールを使用するのが楽です。

でもってヒョンな事からウェブベースサービスの作図ツールを見つけました。

Cacoo

これ良いです♪
操作性は簡単だし、ウェブ上で編集出来るので共同作業にぴったりです。
大規模なプロジェクトなら有料ですが
今回のようにちょこっとした作業だと無料の機能で十分です。

昨今はホームページもオープンソースなCMSで制作可能だし
そう言う方向から見れば便利な世の中になりました。

さてさて、今日の一枚は
幼なじみが代表の会社へバースデーアレンジのお届け。

ブライダル、イベント司会・DJ
レポーター・キャスターご依頼があれば是非どうぞ♪
MC Planning Office
株式会社ヴォーグ


バースデーアレンジ
この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
Meet The Superhuman
2012/08/16(Thu)
オリンピックの感動が冷め止まぬ中
8/29よりパラリンピックが始まります。

残念ながら日本ではテレビ放映が殆どありません。

先日、テレビで車いすランナーの伊藤智也さんが出演されていました。

伊藤さんは多発性硬化症と言う難病で余命3年と言う宣告を受けながらも
それをはねのけ14年間、命と向き合い走り続けていらっしゃる。

しかも走る事は病気の進行を早める事になると言う。

それでも更なる高みを目指して厳しいトレーニングを続け
北京オリンピック400Mでは日本・パラリンピック新記録、
さらに、800Mでは世界新記録をレコードし見事、金メダルを獲得。

このようにパラリンピックに出場する選手の多くは
競技ではない部分でも戦っている。

これがオリンピックと同じようにテレビで放映され
多くの人々に勇気と感動を与えられていないのが残念で仕方が無い。

そこでイギリスChannel4が制作したパラリンピックのCM。
パラリンピックの選手達を純粋に
美しく力強いアスリートとして描いています。

Forget Everything You Thought You Knew About Strengh.
あなたが知っているつもりでいた「強さ」を全て忘れなさい。

Forget Everything You Thought You Knew About Humans.
あなたが知っているつもりでいた「人間」を全て忘れなさい。

It’s Time To Do Battle.
さぁ、戦いのときは来た。

Channel 4 Paralympics - Meet the Superhumans from IWRF on Vimeo.



日本でもこう言うのを作ればスポンサーも付きやすく
番組も制作出来るんじゃないかなぁーと思ったりします。
この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
オリンピック
2012/08/12(Sun)
オリンピックは観ていて何時も感動させられるのだが
今回のオリンピックは何時もにも増して感動させられている。

メダルに向けて戦う姿を見ていると胸が熱くなる。
そして様々な苦難を超え、メダルを手にした選手は本当に眩しく見える。

個人的に一番感銘を受けたのは
通算成績、80勝1敗を誇りながらもオリンピックの出場権をいつも逃し
一時はうつ病になりながらも夫や家族、
様々な人々に支えられながら困難に立ち向かい
今回、レスリング女子48kg級で金メダルを獲得した小原日登美選手。

「どんな時でもあきらめずに頑張れば夢はかなう」

「その過程がすごく大事」

と言う言葉は、誰が言うよりも重みを感じます。

で、話は全く変わりますが
先日お届けしたサマーアレンジ。
暑い日が続く中、爽やかな色合いが
涼しく感じて頂けるよう制作しました。

サマーアレンジ


夏期休業のお知らせ
以下の日程のお届けをお休み致します。

8月15日(水)~17日(金)

この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
三方よし
2012/08/05(Sun)
先日のお届け先での出来事。

男性から女性へ記念日のお祝いに
バラを使った花束をとのオーダーでした。

お届け先ではその女性が不在だったため
お母さまが受け取ってくれました。

「暑いのにご苦労さま。ここまで遠かったでしょー。」

とのその一言がとても心がこもっていて
そしてとても気分が良い感じの方で
暑さもふっとんで爽やかな気分になりました。

時々、こう言う気分の良いお客様に出会うのですが
その時は本当に嬉しくなります。

そして翌日、お届けした花束をとても喜んでくれたと
送り主さまからもお礼の連絡があり、更に嬉しくなりました。

『売り手よし ・ 買い手よし ・ 世間よし』

近江商人の理念である『三方よし』のこの理念を
貫き通してこれからもやって行こうと改めて思った一日でした。

バラの花束


夏期休業のお知らせ
以下の日程のお届けをお休み致します。

8月15日(水)~17日(金)

この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
はじめての登山
2012/07/20(Fri)
神戸は須磨区、妙法寺から高倉台に沿って三つの山がある。

東山、横尾山、栂尾山。

その中でも切り立った岩場の「馬の背」と言われる場所は
須磨アルプスの名前の起こりにもなった名勝。

ここが私のいつも走るトレイルコースである。

先日の連休、家人が双子のチビ達をどこかに連れて行けと言うので
もうすぐ5歳になるし、そろそろ山デビューをさせようかと思い連れて行く事にした。

更に、うちの子は双子で生まれたが故に
他のお友達より小さく、皆に「チビ、チビ」と言われて
最近、ネガティブ傾向にあったため
ハードな山を越える事により自信を回復してもらえればと言う意図もあった。

ただ、5歳の足で初心者のハイカーも怯える
断崖絶壁の「馬の背」を超えられるかと言う心配もあった。
まま、無理なら途中で下山と言うコースを頭に入れつつ山道へ向かった。

山中では険しいコース故、幼児がほとんどいないため
すれ違う大人のハイカー皆が「凄いなぁー!!」とチビ達を褒め称えてくれた。
その声に辛そうなチビ達は背中を押されつつ
最後は足の痛さに泣きながら三つの山を全てを超えた!!偉いぞ!!

その日の晩はさすがに疲れ果ててご飯も食べずに爆睡したが
次の日は元気100%で園の先生やお友達に胸を張りながら
須磨アルプスを越えた話をしていたらしい。

良かった♪良かった♪

初めての登山
この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
先哲の教え
2012/07/14(Sat)
私は困難が立ちはだかった時、先哲に教えを請うことがある。

その先哲の中に司馬遼太郎さんがいる。

この度の大震災、原発事故、そして大飯原発再稼働。

大飯原発再稼働については様々な議論が繰り広げられている。

これに関して司馬遼太郎さんが生きていたら
何と言うだろうと思いが巡る。

それに関してヒントになる著書が日本の行く末を憂い
小学校5・6年生の国語教科書のために書かれた作品
「二十一世紀に生きる君たちへ 」にある。

以下、抜粋。

さて、君たち自身のことである。
君たちは、いつの時代でもそうであったように、自己を確立せねばならない。
自分に厳しく、相手にはやさしく。という自己を。
そして、すなおでかしこい自己を。
21世紀においては、特にそのことが重要である。
21世紀にあっては、科学と技術がもっと発達するだろう。
科学・技術がこう水のように人間をのみこんでしまってはならない。
川の水を正しく流すように、君たちのしっかりした自己が科学と技術を支配し
よい方向に持っていってほしいのである。

右において、私は「自己」ということをしきりに言った。
自己といっても、自己中心におちいってはならない。
人間は、助け合って生きているのである。
私は、人という文字を見るとき、しばしば感動する。
斜めの画がたがいに支え合って、構成されているのである。
そのことでも分かるように、人間は、社会をつくって生きている。
社会とは、支え合う仕組みということである。
原始時代の社会は小さかった。家族を中心とした社会だった。
それがしだいに大きな社会になり。
今は、国家と世界という社会をつくりたがいに助け合いながら生きているのである。
自然物としての人間は、決して孤立して生きられるようにはつくられていない。

このため、助けあう、ということが、人間にとって、大きな道徳になっている。
助け合うという気持ちや行動のもとのもとは、いたわりという感情である。
他人の痛みを感じることと言ってもいい。
やさしさと言いかえてもいい。
「いたわり」
「他人の痛みを感じること」
「やさしさ」
みな似たような言葉である。
この三つの言葉は、もともと一つの根から出ているのである。
根といっても、本能ではない。だから、私たちは訓練をして
それを身につけねばならないのである。
その訓練とは、簡単なことである。
例えば、友達がころぶ。ああ痛かったろうな
と感じる気持ちを、その都度自分中でつくりあげていきさえすればいい。
この根っこの感情が、自己の中でしっかり根づいていけば
他民族へのいたわりという気持ちもわき出てくる。
君たちさえ、そういう自己をつくっていけば
二十一世紀は人類が仲よしで暮らせる時代になるのにちがいない。


この記事のURL | 雑感 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。